第4回 遅咲きのラジオネタ職人暮らし

前話: 第3回 遅咲きのラジオネタ職人暮らし
次話: 第5回 遅咲きのラジオネタ職人暮らし

久々に聴いた、ネタの数々


 決して悪くは無かった。

 かといって、なつかしさにひたったり、大笑いもしなかった。

 十数年ぶりに聴いたということは、私も十数年年齢を重ねており、興味関心も昔とは違う。

 それに、ネタが昔よりも小さくまとまってしまっていた気がした。

 

 あの頃と同じではない自分がいて、あの頃と同じ名前はしていても、コーナーに勢いを感じなかった。

 あとでわかったのは、ネタを書いている人たちの年齢も上がっているということ。文章力も上がっているのだが、どこかきれいにまとまっている気がしたのは、確かだったのかもしれない。


 私は1度は聞いたので、CDをケースに戻し、梱包材で丁寧にくるんでから、郵便局へ行って姉へ送った。

 それから、2・3度頼まれて毎年購入していたのだが、聴くことは無かった。


 しかし、ついに手に取り、夢中になってむさぼるように聴く日がくる。

 

 それは、コーナー30周年企画、今までの傑作選ライブのCDが、時季外れで売られているのを見かけたから。

 2枚組のCDを私は姉の承諾も得ずに衝動買いをし、車で聴き始めた。一瞬で私は19年前に戻った。あの頃の狂気じみた熱い時間に





続きのストーリーはこちら!

第5回 遅咲きのラジオネタ職人暮らし

著者のYonai Kozueさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。