第3回 遅咲きのラジオネタ職人暮らし

前編: 第2回 遅咲きのラジオネタ職人暮らし
後編: 第4回 遅咲きのラジオネタ職人暮らし

あの日から11年後


 全く知らなかったのだが、私が学生時代に燃え上がったラジオ番組は、ラジオパーソナリティの人事異動が功を奏したのか、復活を遂げていた。もちろん伝説のコーナーも復活である。



 しかし、私は全く知らなかった。

 当時、30歳の私は子育てに奮闘中で、深夜放送を聴くことはおろか、ろくにテレビも新聞も観たり読んだりしなかった。

 そもそも、若いころに興味があったからと言って、30代に入った自分があの頃と同じものを好むとのも思えなかったのだ。

 子供番組は観ても、自分が好きなものは何もできない。そんな暇はない。ひたすら育児と家事に追われる毎日。番組が復活していても知る由も無かった。


 ところで、私には県外在住の姉がいる。


「もしもし、今度、あの番組のCDが出るからさ、あんた買っておいてくれない?」

 番組が復活して6年後のこと。県外に住んでいて、電波が届かない地域に住んでいる姉から番組復活を知り、毎年伝説のコーナーのCDが発売されていることを知ったのだった。

 

 意外なことに、私はそのことを知っても、全く興味が湧かない。頼まれたからちゃんとコンビニで予約して、CDを買っておき、正月に姉が帰省した時に渡した。


 しかし、姉は私が封を切っていないことを確認すると

「聴きなさい。聴いてから郵便で送ること。」


 そんなもん、私の自由じゃーん!と思ったのでありますが。聴かないと受け取ってもらえないので、しぶしぶ車内で聴いてみた。


続きのストーリーはこちら!

第4回 遅咲きのラジオネタ職人暮らし

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。