全盲の旅人・近ちゃんの人生物語

後編: 全盲の旅人・近ちゃんの人生物語 第2話

ぼくの暗黒時代


ぼくの暗黒時代は、東京で一人暮らしをしていた専門学生のころ。

学校にもほとんど行かず、昼と夜が逆転していた。


寮の食堂がやっている時間は寝ていたから、コンビニでカップラーメンを、いっぱい買い込んできて、カップラーメンばかりを食べていた。


ついたあだ名は、カップラ―w

好きな深夜ラジオを聴いたり、好きな声優のイベントに参加したり、友達と旅行したり。

好きなことを、好きなだけやっていたはずなのに、目は死んでた。


楽しかったはずなのに、イキイキしてないっていうか。

心、ここにあらず。

今思えば、無意識に、ずっと、考えないようにしていたこと、忘れていたかったことが、ぼくにはあった。


でも、その日は、やってきた。

20歳の初夏、東京。



見えない!



見えない!!



見えない!!!



ぼくは、外出先で、全盲になった。


10年で、見えなくなるって、聞いてたけど。   


知ってたけど・・・。

そんな いつか は、 ボクには ずっと こない!!!  

と、信じたかった。



「残念ですが、徐々に視力も、視野も、せまくなって 10年くらいで、完全に見えなくなります」

小学4年の時に、大学病院の先生に言われた言葉。


ずっと、考えないようにしてきたけど・・・




ほんとに、10年で見えなくなったぁ!! 
\(◎o◎)/!




※この物語は、近ちゃん(近藤正紀)に代わり、代筆しております。

文章:自己開示インタビュアー&AKIRA歌を歌う人、にこにこ◎^▽^◎みかん♪
   (フォロー歓迎♪Facebook⇒佐藤菅井美佳)
打ち込み:たじかまい

続きのストーリーはこちら!

全盲の旅人・近ちゃんの人生物語 第2話

みんなの読んで良かった!