レイプから8年間、女を辞めずに生きてみて思うこと【:||】※リピートはなし

1 / 3 ページ

前編: レイプから8年間、女を辞めずに生きてみて思うこと。(Q)【もう大丈夫。性被害にあって過去は完璧だったと、今は思えるもの。】

最後の最後に長いの投下しますね。


今回このようなで当時を振り返ってみて、またよかったと思います。

実は以前はセミナーでスピーカーさせてもらって

ちらっと話したことがありそのときも整理したんだけど。。。

そのときとは違う感じです。

わたし、ちゃんと進んできたなって思えたの。


みんなみんな自分の傷はやっぱり自分でしか癒せないと思うの。

いっそ誰かが癒してくれたら楽だし、

自分で癒すなんて、自分がどんなひどい目にあったか認めるみたいで

結構つらいんだけど。本当に自分で癒すしかないのね。

トラウマを解消したい、捕われなくなりたいと思うなら

最短は、自分で自分を癒すことです。

私は寄り道しまくったけど、ここにたどりつきました。


これは甘えなんじゃないか、、、という

曖昧なラインの線引きを気にするより、

その線引きは自分でした方が早いし、覚悟もきまるし、とても自由。

その線引きを決めるだけで楽になります。

線引きする際は、悩んだときはそこに線を引かないでね!笑

悩んだときは、楽な方に流されてください。

流された先に線を引いてね。前よりずっと緩いところに。

緩いとことに線引きしたって、

思ったより全然実害ないから、やってみてね。笑


生きるフィールドは幼稚園の時から親に与えられていて

なんなら生まれたときからポジションが決まっていたり

今までは人に決めてもらって守られてきたけど、

いつでも、ソコ、出れるからね。

生きづらくなったら引越ししてしまえばいい。

違うところに基盤を作ってソコにいたらいい。

今まで、ここまでやってきた大抵の人は

既にそれをする能力を身につけていると思うの。

そのときに必要なら、世の中にはいろんな仲間が居るし

私も次はその仲間になろうって動いてるの。


トラウマとどう生きていくかって、本当に自由。

だけど、恨みからは何も産まれやしないから、

愛を中心に、良い形でトラウマと付き合うって大切だと思う。


些細だけど、私はトラウマって普段は言わなくて、

ハプニング、イレギュラー、イベントってよんでるの。

みんなの読んで良かった!