レイプから8年間、女を辞めずに生きてみて思うこと。(Q)【もう大丈夫。性被害にあって過去は完璧だったと、今は思えるもの。】

前話: レイプから8年間、女を辞めずに生きてみて思うこと。(破)【女として悲しい時期もあったの】
次話: レイプから8年間、女を辞めずに生きてみて思うこと【:||】※リピートはなし

 

前回、駆け上がる!なんて調子のいいこと書いたけど、

今に至るまでには、そんなにスピード感あるものじゃなかったの。


いつでもまた堕ちていきそうだった。堕ちていけそうだった。

危ないとこと行ったり来たり、何とか “普通” や “常識” にしがみついてた。


普通の女の子 普通の社会人 普通の生活 

常識範囲内での行動 常識範囲内での情緒 


前みたいなわたしに戻りたいっていつも思ってた。

本当に優等。よくできた子だったから。

いや、本当に。。。我慢強くてね。


でも、前みたいになかなか戻れなくて。苦しかったの。


ちょっとしたことで情緒は乱れたし、

多少の電車混雑で吐き気がしたし、

夜が怖くて怖くていてもたってもいれなくなったり。

心細くて、悲しくて、消えてしまいそうな日もあったの。



そんなある日、お父さんが言ったの。

「苦かったでしょう。悲しいでしょう。

 もとに戻らなくていいから、再起しなさい。前を向きなさい」



もう戻れないんだね。私はあのころに戻らなくていいんだね。

あきらめたなというか、、、なんだか折り合いついちゃったんだ。



それから、多くの人と知り合いになったの。

社会人サークルに参加したり、カウンセラーの勉強も始めた。

基盤をもう一度、自分が苦しんだところ以外に作ったの。

でも、すごく頑張ったなんて言ったら全然嘘。


悲しい夜は、悲しいということにした。泣くことにしたの。

電車、今日は乗れないって思ったら乗らないの。

会社?あぁ、すみません。笑

理解されないかも。非難されるかも。でも、本当に思ったの。

この世に、自分を粗末にしてまで生きる価値のあることなんてそうそうないの。

今、重心を置いて生活したいことを自分で決めて生活していいの。

悲しいか、嬉しいか、わたしがいなくても会社も世の中もまわる回る。

1時間遅れて出勤したって、誰もカバーできないような問題は起きないし、

なんなら、今の時代PCや電話で指示したりいらしすることだって簡単でしょ?


そうやって、周りの人にもイライラしなくなった。

どうせ理解されない。なんて思わなくなった。

わたしがどれだけ、その人の人生感を理解しているかしら。



そんなこと思って、「私こんなことすらできない」のくくりではなくて

「私は  今日  はできない、したくない」って、カテゴリ分けしちゃった。

だって、普段はできるの。でも、何かのバランスが崩れると出来なかったり苦しかったり。。。

それって、普通じゃない?


昔は思わなかったけど、本当にひどいことよ、性暴行なんて!

それに向き合って、付き合っていく、だから、たまに自分にあまーーーくしてあげるの。

本当の悲しみも苦しみも、当の本人にしかわからない。

同じ被害にあったって、それをどうとっているかは人ぞれぞれだし、

乗り越え方だって人ぞれぞれなんだと思うの。


自分の気持ち、大切にしてあげている?よく理解してあげている?

人の気持ちを想うほどに、自分も丁寧に扱っている?

そう思ったら、いつも人の気持ちにばかり時間をかけていたこと、

むかついちゃって(笑)やめたの!



逃げてる、って言われるかしら。社会に適合していないって、言われるかしら。

なんか、でも、それは誰の世界感で “逃げている” の?

誰の社会で “不適合” といわれるの?

きっと、レイプされてない人の世界よ。


だから、いいの。

いつもできることできない日もあるよ。

でも、いつもできない事や、やらない事が、できる日だってあるし、

悲しい夜もあるけど、チャレンジしたい日もあるし。

それって、すごく、普通!!普通で素敵。

基本的にチャレンジする姿勢、誠意を相手に尽くす姿勢さえ崩さなければ

ちょっとできない日があることも、できる日にカバーできるよ。


過去は変えられないって、本当。というか、変える必要もないの。

過去を変えたら、今も優等生な子だったかも。

でも、今みたいに泣けないし、笑えなかったかも。

本当に生まれてきてくれありがとう、生きていてくれてありがとうって

お誕生日をお祝いしてくれる人もいなかったかも。


かも。かも。かも。かも。かも、ばっかり。

そんな “かも” の幻想世界を差し置いて、現実には起きたことに対して

その時、その能力で、力出し切って生きぬいてきたと思わない?

心から泣いて、怖がっていた自分の気持ち、痛いほどわかるから、

そんな自分だったと理解して助けて守っていかなければつらいと思うの。


過去は完璧。未来のことは未来の自分の判断にゆだねて。

今は、自分の中に生まれた感情や、喜びや、焦りに身をまかせて。


大丈夫。良くも悪く人生のかじ取りは人には任せられないから。

ゆっくり進んだらいいと思うの。






8年たった今、いろいろ曲りなりに進んできて

私は次のステップやっとにすすめそな気がします。

性被害は正直、生きているうちに世の中からはなくならなそう。

だから、傷つけられてしまった人やその周りの人力になりたい。

そんな中どんな形になるか、どんなアプローチがあるかまだ悩んでるけど

生きずらい世界から抜け出して、息ができるとことで生きていけばいいと思うの。

みんなね。



ここまで読んでくださってありがとうございます。

ご希望に添える形で幕引きで来たかわらかないのだけど、

チャレンジし続けて、何かGiveできる私でいきます。










続きのストーリーはこちら!

レイプから8年間、女を辞めずに生きてみて思うこと【:||】※リピートはなし

著者のMISAKO. Sさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。