全くモテない19歳の女の子がいきなりオーストラリアに行ってそのまま永住し、イケメンと国際結婚して、ライフコーチになった話。第六回 イケメンパキスタン人

1 / 4 ページ

前編: 全くモテない19歳の女の子がいきなりオーストラリアに行ってそのまま永住し、イケメンと国際結婚して、ライフコーチになった話。第五回 禁断のポップコーン
後編: 全くモテない19歳の女の子がいきなりオーストラリアに行ってそのまま永住し、イケメンと国際結婚して、ライフコーチになった話。第七回 金髪青目の長身アメリカ人

丁度いい機会だった。


私はイタリア人とこのセクハラ親父から離れるために電話番号を買え、車を買い替え、大好きだったアパートから引っ越すことに決めた。もう何があってもイタリア人に振り回されない。そう心に決めたのである。


ところでイギリス人男性の事なのだが、、、彼はロンドンで仕事をするようになり、そこからワークホリックになり連絡がだんだん来なくなってしまったのである。




彼の友達から連絡をもらい、彼は働きすぎて病気になったと聞いた。


心配した私は新しい職場に移る前にロンドンへ行くことに決めた。ロンドンにいきなり言ってびっくりさしてあげよう。


イギリス人彼にメールする。


「友達から病気になったと聞いたから心配で心配で。一度ロンドンに行くね」


すると彼から連絡が。



English
だいぶ良くなったけど働きすぎてストレスたまってしまってPCが使えなくなってしまったんだ。ごめんね、連絡できなくて。恥ずかしくて合わす顔もないし、仕事も休んでいたから休みも取れないから来ないほうがいい。



せっかく高いチケット買ってこんなメッセージが来るとはまさか思ってもみなかった




もうチケットは返金不可能。


ロンドンである。一人で楽しもう。そう心に決め飛行機に乗り込む私であった。


ロンドンにつきホテルまで地下鉄を使う。


駅から降りた瞬間


パスポートがない!


そしてお財布もない。


どうしようもなく、駅員さんに連絡すると警察まで連れていってくれた。


警察によると私はオーストラリア永住権保持者で日本国籍保持者なのでどちらの領事館に電話しても助けてもらえるそうな。


警察は一応ホテルに電話して事情を話す。すると、

みんなの読んで良かった!