全くモテない19歳の女の子がいきなりオーストラリアに行ってそのまま永住し、イケメンと国際結婚して、ライフコーチになった話。第八回 イケメンボスニア人

1 / 4 ページ

前編: 全くモテない19歳の女の子がいきなりオーストラリアに行ってそのまま永住し、イケメンと国際結婚して、ライフコーチになった話。第七回 金髪青目の長身アメリカ人
後編: 全くモテない19歳の女の子がいきなりオーストラリアに行ってそのまま永住し、イケメンと国際結婚して、ライフコーチになった話。第九回 返事のないプロポーズ




Bosnian
ところで何歳ですか?僕今20歳なんです

え、若すぎる!


私はその時24でもうすぐ25になるところであった。4歳半の歳の差である。


年下。。。イケメン青年には悪いが、大学生で年下はさすがに社会人のおばはんには刺激が強すぎる。




Nori
私はたぶんあんたには年上すぎるわ。19歳のめっちゃ可愛い友達を紹介する
Bosnian
いやいや、紹介とかいいから今度は二人で遊びに行きましょう


といって私の連絡先を聞き、そのまま闇に消えていった。




年下のバリバリ水泳選手体型、美しすぎるバタフライ。電気毛布は謎であるがそれでも彼のイメージが頭の中にこびりついて消えなかった。毎日彼からの電話を待つ。



毎日毎日会社にいようが散歩に行こうが寝る前であろうがとりあえず彼からの電話を待ち続ける。



それでも彼からの電話は来ない。待てど待てど来ない。


三日たっても来ない。



こうなったら意地になる。



朝から晩まで彼の事ばっかり考えてとりあえず電話を待つ。


それでも電話はかかってこない。



やっぱり私が年上だからか?


そう思い諦めかけていたころ



Bosnian
日曜に空いてる?よかったらお茶しよう?

みんなの読んで良かった!