10話 2人の子供は障がい。6年間不妊治療をしてやっと授かりましたが個性的な子供たち。さらに私の夫は…。私はエステティシャンの夢。波乱万丈な私の人生!<病院で信じられない話を・・>

前編: 9話 2人の子供は障がい。6年間不妊治療をしてやっと授かりましたが個性的な子供たち。さらに私の夫は…。私はエステティシャンの夢。波乱万丈な私の人生!<ムスメ~障がいと診断されるまで>
後編: 11話 2人の子供は障がい。6年間不妊治療をしてやっと授かりましたが個性的な子供たち。さらに私の夫は…。私はエステティシャンの夢。波乱万丈な私の人生!<ムスメの障がい、育てることは想像以上に大変!身に染みる日々>

ムスメが言葉がでていなかった事から、市に相談。


紹介された病院に予約をすると半年後になるということでした。

その病院に予約はして、早めに診てくれる病院を探しました。

すると3ヶ月後に診てくれる病院をみつけ予約。


3か月後、その病院に行きました。

主人、私、ムスコ、ムスメと。


この時、ムスコは小学1年生になったばかり。

ムスメは、幼稚園の年少でした。


診察室に入ると、高齢の先生。

話をしていても、起きているのか寝ているのか(笑)

私は、やや心配。


先生からムスメの様子を聞かれました。


すると、先生が・・「自閉症、重度の知的障がいだね」


私・・は?


自閉症?


重度の知的障がい?


……重度??


重度って?



私「あの〜重度の知的障がいというのは?」


先生「大人になるまで、7、8歳(9歳だったか忘れました)くらいの知的のレベルになっていたら良いよね」


この時!


私に大きなタライが落ちてきました(そのような気分)


私の頭はボーっ。


そんな中でも、いろいろ考えました。


(自閉症に重度の知的障がいってなに?


これからどうしたらいいの?


この子はどうなるの?


このまま、ムスメと会話とかできない?


私が夢に思っていた、ムスメが大きくなったらお買い物にいったり、孫とかも見れないの?)


などなど・・


いろんな事が頭の中で回っていました。




さ・ら・に!!




先生「お兄ちゃんも何か持ってるよね」


は、はぁ〜?


先生「さっきから見てるけど!」


タライがもう一つ落ちてきました!!(そんな気分です)


私は倒れそうなのを、自分に必死に必死にしっかりしないと!と言い聞かせました。



その後の記憶はございません(笑)



「なにも発達検査もしていないのですよ。


ただ先生の所見だけで、ムスメのことを言うなんて信じられない。


さらに、ムスコを見ただけで何か持っているだなんて・・なんの根拠があるんだ〜〜」


と思ったのも、家に着いて時間がたっててからです。


それまでは、なんの事だか理解できませんでした。


ムスメの事もショックなのに、ムスコの方がさらにショック!!(ムスメはある程度覚悟はしていました。重度の知的障がいとは思ってもいませんでしたが)



この気持ち伝わりますかね。


ムスメを受診に行き、ムスコの事も言われる。


それも所見で…。


病院の先生を批判しているのではないのです。


ですが、心の準備というものがあるじゃないですか~

(ま、その先生の言っていたことはおおよそあっていましたが)




現実、我が子2人ともに障がいとは・・。


それも6年間不妊治療をしてやっと授かった子供。


ど・ど・どうしたらいいの~~?



今だから笑い話にできますが、本当に当時はどう自分の気持ちを切り替えたのかは不明です。


記憶がございません(笑)


つづきます・・





続きのストーリーはこちら!

11話 2人の子供は障がい。6年間不妊治療をしてやっと授かりましたが個性的な子供たち。さらに私の夫は…。私はエステティシャンの夢。波乱万丈な私の人生!<ムスメの障がい、育てることは想像以上に大変!身に染みる日々>

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。