うつだっていいじゃない!【其のニ・心療内科】

1 / 2 ページ

前編: うつだっていいじゃない!【其の一・要因】
後編: うつだっていいじゃない!【其の三・寛解?】


【いざ心療内科へ】


今回は自身の「うつ」について少し触れてみるとしよう。


「これはもしかしたらうつ病というやつなのか?」と初めて感じたのは今から10年以上前のこと。


勤め先の吸収合併に伴う自社消滅への喪失感、そこに加わる燃え尽き症候群、こんな要因が複数重なったことが「うつ」を引き起こしたと自己分析。


そんな鬱鬱とした気分に陥っていた最中のこと。



「心療内科はカウンセリング施設が併設しているところがいいですよ」



そんなアドバイスをネットでのお付き合いがあったブログ仲間に教えてもらうことに。


ネットの中だけの知り合いだけれど、ブログへのコメント、やりとりを通じ信頼に足る方だと十二分に判断できていたので、その言葉を頼りに心療内科を探した。



ようやく該当する心療内科がみつかり受診予約。


心療内科へ行く事自体思ったほどの抵抗はなかったけれど、いざ足を踏み入れてみると他の病院とは違う、独特の重い空気感が漂っていたことは今でもよく覚えている。


(俺がここにいるの場違いじゃないかな?本当にここにいていいのかな?)


「病は気から」の言葉ではないけれど、そういったモヤモヤとした気の塊が自分の体を支配してくる。


そんな感覚を味わった。



精神科医は非常に淡々とした人物。


(本当に大丈夫?こんな対応で?ちゃんとわかってんのかな…)


表現は悪いが「あっさりすぎる」対応にちょっと辟易とした。


後にカウンセラーと面談した際に聞いてみたものだ。



みんなの読んで良かった!