運命

1 / 5 ページ

公認会計士の資格を取ってからというものの


所謂お食事会と称する 結婚目当ての女が群がるコンパに良く呼ばれるようになった


『いつもみたいにお前の同僚って設定にしてくれよ 頼むよ、な?』


なんていう本当はボーリング場のバイトの分際の悪友が 俺の立場を利用して甘い蜜を吸うためだ



まあ俺も悪い気はしない


悪友とはいつも持ちつ持たれつの関係で今まで来た




今夜は恵比寿にある やたらとピンクのブタの置物があちこちに鎮座しているレストランの個室で


悪友がどこからか見つけてきた 保育士の2人組と会う事になっている



先に着いた俺たちはビールを飲んで待つことにした



2杯目を注文しても まだ保育士たちは姿を見せない



それも当然だ


俺たちがレストランに着いたのは待ち合わせから 1時間も早いからだ




『最後お会計割り勘すれば 俺たちの方が得じゃんね へへ』



まったくどこまでもゲスな友人だ



割り勘とか言っときながら大抵の勘定は俺が持っている




『保育士だから俺、今日は甘えん坊キャラでいくわ


母性本能くすぐれば余裕っしょ』



ゲスな友人は もうほろ酔いモードで饒舌になっている






お席はこちらです




黒服に案内されて 似たような恰好をした2人組が現れた



『ごめんなさーい お待たせしました?』




『いやいや全然、俺達も今ついたところっすから』

みんなの読んで良かった!