娘の出産までの話

次話: 娘の出産までの話 2

私の大切な娘

生まれてきてくれて、ありがとう。

2009年夏、結婚して7年子供がいなかったので、妊娠したなんてびっくりしました。

当時銀行関連会社で住宅ローンの審査・契約に関する仕事をしていた頃でした。

ちょいとキャパオーバーで仕事をしていたので、契約更新しないで契約満了する時でした。熱が下がらない39度近くが何日も続くので近所の総合病院へ受診するも点滴だけで帰された。
次の日また同じ総合病院で受診したら即入院。

病名 急性腎盂腎炎

荷物取りに帰りたいと言うも「死にたくなきゃ今すぐ入院」という状況で入院。

即、ントゲン検査、何故かCTも撮られた。
1週間の入院をする事になる。
入院中、シャワーの時以外は1日中点滴。

夜中でも点滴がなくなりそうになると、ナースコールを押して替えてもらう。

その病院は老人ホーム併設していたので、そこの施設で具合悪い方も入院してくる。
一番怖かったのが、認知症の方が間違えてベットで寝ている私に「そこは私のベット、どきなさい」と起こされた事が…

その方、向かいの部屋たっだんですけどね。

ヘルパーさんが「申し訳ない」と謝罪しにきてくれましたけど。

病院で何がって、それが怖かった。

普通、夜の病院って幽霊が…なんて話は聞くが…

 

ちなみに余談

その病院、旦那が昔蠣にあたって入院した病院らしい。

結婚する前の話なので、よく知りませんが…

 

しかし、1週間後経過観察で退院するも熱が下がらないhttp://i.yimg.jp/images/mail/emoji/ymobile/203C.png
何でhttp://i.yimg.jp/images/mail/emoji/ymobile/203C.png
妊娠している事判明。
即、近所の産婦人科に行く。

医師に始めに言われた言葉。
予定日は5/11だけど、中絶するんでしょう?
なんで旦那連れてこないの?
レントゲン、CT撮った?

このままでも流産する確率高いけど…

うち無理だから…

腎盂腎炎たっだんでしょ?

何なの?

そんな中絶なんて一言も言ってないでしょ!!

入院中していた病院に何か言われたの?

それでも産婦人科の医者?

私が中絶なんて思っていませんhttp://i.yimg.jp/images/mail/emoji/ymobile/203C.pngと伝えたら、じゃあ○○医大に行って診てもらってよ。うち無理だから。

リスクあるから最初から拒否?

でもネットで調べたら妊婦さんに評判がいい口コミが多数。
ネットの口コミはあてにならないのか?
かなり辺鄙な所、山の上?
それでも行きましたよ、初めて行くにしても片道2時間

はっきり言って、旅です。


大学病院での受診、いきなり教授!!
医大生と研修医10人は引き連れて、レポート持ちながら先生と私の話聞いて記録している。

結論、遠すぎて通えないと伝えると、川越にも同じ大学病院の分院があると紹介してもらう。
何と、埼玉県唯一の周産期産婦人科がある場所。

周産期産婦人科、都内でも7つ→研究医療&?リスク患者のみしか受診できない産婦人科…
凍りつきました。

私ってリスク患者なんですか?

そのまま妊娠して出産できるかもわからないまま、紹介状を書いてもらいました。


つづく

 

~

 

続きのストーリーはこちら!

娘の出産までの話 2

著者の鈴木 由香子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。