【おしゃべりな胎児⑧ 〜ママがイライラしてるとき、赤ちゃんは…〜】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし

1 / 2 ページ

前編: 【おしゃべりな胎児⑦ 〜目立ちたがり屋な胎児〜】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし
後編: 【おしゃべりな胎児⑨ 〜ママのことが知りたいの〜】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし

◆第八話◆ 〜ママがイライラしてるとき、赤ちゃんは…~




妊娠するとホルモンの影響で感情の起伏が激しくなると聞いたことはありますか?

マタニティブルーと呼ばれることもありますよね。




子宮は感情を溜め込みやすい臓器と言われているし、妊娠すると子宮がものすごく活性化するので

そんなことも関係しているかもしれません。




私も例に漏れず妊娠中は何度も体験しました。

急に悲しくなったり、不安になったり。

イライラしたり、突然涙が出てきたり。

不安定そのもの。




なんでだろう・・・妊婦だから仕方ないのかな。



最初はただそう思っていましたが、妊娠期間が長くなるにつれて、ただただ不規則に起こっているだけのものでもないことを感じ始めました。




-自然のリズムとリンクしている-




出産と関係があるとよく知られているのは月の満ち欠け。

満月や新月の日に出産が増えるというのは聞いたことがあるのではないでしょうか。





海水と羊水の成分って似ているらしいのです。

だから妊婦はより月の満ち欠けの影響を受けやすいんだとか。

月だけじゃなく天体全体の動きも然り。




そして実際に妊娠してみてちょっと意外だったのは、低気圧や高気圧といったお天気によっても体調やメンタルが左右されていたということ。


台風や雨の日など低気圧の時はなんだか身体がずーんと重くなって動く気にならず、

気持ちも不安になったり落ち込みがちに。


逆にお天気の時は身体が軽く、気持ちも軽くなっていました。





月の満ち欠けもそうだけれど、私の中では低気圧の影響の方がガッツリ感じます。
助産師さん
満月はお産が増えるってよく言うけど、私の感覚でも満月よりも低気圧の方が増える気がするのよね。



助産師さんともこんな会話があったり。




妊娠してなくてもこの地球や自然の中で生きている限り多かれ少なかれ、自然のリズムに影響を受けています。

ですが妊娠中するとさらにさらに、宇宙や自然と同調して生きているんですね。





前置きが長くなりました。

今日はそんな自然が大荒れの日に、胎児ペルたんの声が聞こえなくなった時のお話。



妊娠6ヶ月頃だったでしょうか。

お仕事のことでその時期深刻に悩んでいることがありました。


そのことがずっと頭にあるもんだから、余計にふとしたことでイライラしてしまったり、悲しくなったり、モヤモヤした日々が続いていたのです。



(こんなにイライラモヤモヤして、ペルたんにとってもあまり良くないんじゃ・・・)


 

そんなある日。

その日は大荒れの台風が過ぎ去った直後、そして新月の日でした。




気分転換に久々に遊びに行って思いっきり楽しんで「楽しかったー!」とはしゃいでいたのに

家に帰った途端に私の中から訳も分からず「寂しい」という感情が溢れだし、突然涙が大量に溢れてきたんです。



私の奥に残っていた感情が浮かび上がってきた感じなのか。

でも説明ができないから、楽しかった気持ちとの落差に自分でも戸惑いました。

夫もどうしたのかとオロオロしています。




翌日起きた時もその感覚は続いていて、その頃ズンズン大きくなってきていたお腹が前の日よりも引っ込んでしまっているように感じたのです。



ペルたん、ねぇペルたん・・・!!
胎児(ペルたん)
・・・・・・・



いつものような反応が全く感じられませんでした。

胎児との繋がっている感覚が切断されたようでさらに不安な気持ちに。




ですがその日はたまたま知り合いのヒーラーさんのセッションを受けることになっていました。

ずっと前から予約していたんだけれど、タイムリーというかなんというか。




とある楽器を身体の上に乗せ、子宮に音を響かせながらヒーリングしていくというものでした。

 

最初は音の波動がダイレクトに羊水に響いてくる感覚。

そこから振動が段々と広がり、胸から喉へ。

身体の上の方まで振動が伝わっていきました。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。