発達障害の息子と育児ノイローゼの嫁から家族の本当の幸せを教えてもらった話 第6回

1 / 6 ページ

前編: 発達障害の息子と育児ノイローゼの嫁から家族の本当の幸せを教えてもらった話 第5回


このお話(全5回)を書いてからおよそ1年

長男が入退院して1年が経ちました。


入院してからおよそ半年後

無事長男は退院をすることができました

今回はその1年、2016年とそして今のことを書いていこうと思います。


そもそも書くことを再開するきっかけとなったのは

妻の一言でした

あのSTORYの続き書いてくれないの?
書いていたこと知っていたんだ。。。
うん、よく書けてたと思うよ
だからこそ続きが読みたい

っていうか近所のママ友にこの話読んで感動した!とか言われたしさ〜

自分の備忘録として書き始めたこのSTORYも

気がつけばたくさんの方々に読んでいただきました

妻がSNSを始めたこともあって一読者となってくれていたのです


今でこそ長男の発達障害のことを客観的に

書くことができますが、それは去年一昨年と家庭環境がドン底

の時には考えられないこと

まさに


喉元過ぎれば熱さ忘れる


とはよく言うもので辛かった現実はこうやって書き記しておかないと

あっさりと忘れてしまうものなのです

今だって育児が辛くて一家心中してしまう悲しいニュースは

後を絶たないですし、その家族が我が家であってもおかしくない

それくらい我が家は壊れかけていました。


2016年2月某日

長男の入院の日がやってきました。


2月は長男の誕生月、9歳を目前にして

長男は入院することになったのです

発達障害によって昼夜が逆転してしまった長男

体力もついてきたことから家で暴れたり

時には暴力を振るうようになっていました

育児の自信も完全に失ってしまった妻も限界

入院は我が家の最終手段でもあったのです。


私たちを苦しめた長男の言動

みんなの読んで良かった!