発達障害の息子と育児ノイローゼの嫁から家族の本当の幸せを教えてもらった話 第5回

1 / 3 ページ

前編: 発達障害の息子と育児ノイローゼの嫁から家族の本当の幸せを教えてもらった話 第4回
後編: 発達障害の息子と育児ノイローゼの嫁から家族の本当の幸せを教えてもらった話 第6回

環境の変化

は、長男にとって、一番苦手なコト



一度自分にとって馴染んだ生活は少しでも

変わってしまうと拒否反応を示してしまう


偏食

いつも同じ服を着る

欲しいものを我慢できない


などなど数え上げたらキリがないのですが

カラダは成長してもココロが成長できない長男に

対して

着々と成長していく弟

勉強が進んでいく友だち


当たり前に変化していく環境に

徐々に長男はついて行けなくなりました


そして定期的に通院していた病院ですら

長男の症状について的確な判断ができない状態に

なっていたのです



特別学級で安心してしまったボクは

通院を嫁さんに任せっきりにしてしまっていました

しかし育児に悩んでいたのもつい最近の話

病院が変わる度に混乱してきた嫁さんにも

限界が来ていました

今日の病院どうだった?
娘を見ながらだから
先生が何を言っているのかわからないの
それはマズイね
これから長男の通院に付いてこれないかな?
う〜〜〜ん
仕事があるからな...
...

しかし明らかに症状が悪化していく長男の現状を

会社に相談したところ、病院への付き添いを快く理解してもらい

定期的に仕事に支障がないように休みが取れるようになったのです



気がつけば嫁さんが読んでいる

発達障害関連の本は溜まりに溜まっていました

みんなの読んで良かった!