受験よさらば しかし仮面浪人

前編: 私が仮面浪人失敗して考えた事、学んだこと。 On Fury Road

入ってからも、変わらなかった志向



この話を読んでいる人で入学式や新学期に心が躍る記憶がある人はいますか?

私は残念ながらその経験がありませんでした。


少し個人的な事を話すと、私は小中と学校の内容に満足したことが無く、高校は第一志望の高校に入ることが出来なかったという経験がありました。

この経験から私は色々な事を学べましたが、高校入学したとき私が思ったことはただ一つでした。

大学くらい自分の行きたいところに行きたい


まあ、これを読んでいる方々は私が仮面浪人をして、しかも失敗している未来は御承知なのですが、ひとまず私の高校生活を書かせていただきます。


学校に行き授業を受ける

家に帰って勉強する

本を読む

終わり


本当に何もやっていませんね。

部活に入ったこともなければ、塾に行ったこともない

それで、入学した中ではトップの成績ではあったのです。(まあトップと言っても末端みたいなものですがね)

私の受験の話をすると多分高校の現役では二番目に偏差値の高い国立大学には入りました。
(特進クラスなんてクラス分けした公立高校の、そしてほとんど周りが塾や通信教育を受講していることを考えれば、一体彼らは何を勉強していたのだろうと今でも疑問です)

もしくは私はただ本番に強かっただけかもしれません。

センター試験を受けた次の日に自己採点を高校で行うのですが、その点数だって模擬試験とあまり変わりませんでした(いや、見込まれていた点数より多く取れてました)


私としてはいつも通りに受け、いつも通り解いた。

その当たり前が、周りの人たちが点を取ることが出来なかった理由なのかもしれません。


これだけ書けばとても嫌味に見えるでしょう笑

でも、私にはこれがとても喜び――勲章と言い換えてもいいです――にはならなかったのです。



このことはセンター試験後、受験大学を選んだ時にも感じていたことです。

何のために勉強してきたのか

これは私がこれを読んでいる読者に尋ねたいことです。

自分の学びたいことが学べない環境でも勉強とはするべきか

では、この私なりの答えを次回書きましょうか。



追申)もし、いないとは思いますが仮面浪人を現在している方で、勉強法、大学との兼ね合い、手続き等、仮面浪人に関して聞いてみたいこと質問してみたいことが有ればコメントをいただければすぐに返せるとは思います。返せる範囲ではありますが。

その他の方でも質問があればコメントで残してもらえれば幸いです

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。