ロンドン高等裁判所でのボランティアの時の話(刑事事件)

次話: ロンドン高等裁判所 Witness Serviceとは 

結婚して憧れの専業主婦になったものの、

引きこもりになってしまった自分に愕然とし、始めたボランテイアが

Crown Court(高等裁判所にほぼ近い) でのボランティア、Witness Service (証人ボランティア)

裁判所に来る証人(Witness)に、快適な場所と空間を確保するというもので

Victims Support(犯罪被害者サポート)団体の提供するもの。どう関連するの?って思いますよね。私も思いました。それまで一度も裁判には関わったことがなかったから。

5日間のみっちりとしたトレーニングがあるというのにはびっくり。

裁判所の仕組み、サポート内容だけではなくて、

実際に裁判所を借りて、裁判官や弁護士(ボランティア:ただし裁判官も弁護士が代理)、私達ボランテイアのトレーニーが、ロールプレイをする(私は陪審員役)まで

イギリスのボランティアのあり方に感動するものとなった。

めったにイギリスを褒めまくることがない自分だが、ボランティア構成員に対する保護、サポートが行き届いているのは、日本が取り入れるべき概念だと思う。

もっとも失業率10~20%で、ボランティア(交通費とランチ代が支給)でもしなければ、職にありつけないという状況があっての話である。

また小さい頃から積極的にファンドレイジング(小さい頃はちょっとしたゲームみたいな、人に自慢したい気持ち半分でやることもあるけど)をするし、古着を持っていくOxfamみたいなところが、街角にあちこちあるし、という状況で、「自分には無理」なんて思わせない土壌が育っている。

つづきは、Witness Serviceについてもっとくわしく書いて行きたい。

ボランティアトレーニングの内容や、イギリスの裁判についてとか。

たくさんの刑事事件や証人と関わったことを、NDAに反しない範囲で。


その後、私自身もある企業を告訴することになる。傍聴経験がどれだけ役に立ったことか。




サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

続きのストーリーはこちら!

ロンドン高等裁判所 Witness Serviceとは 

著者の豊田 典子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。