ロンドン高等裁判所 Witness Serviceとは 

前話: ロンドン高等裁判所でのボランティアの時の話(刑事事件)

Witness Service 

裁判所に証人喚問された証人をケアする「被害者サポート」の一貫です。

え?被害者と証人ってなんか関係あるの?

って思いますよね。私も思いました。

証人喚問されるのは、一般的に

弁護側の証人

被害者

警察官

です。それから、実際に目撃した人、専門家など

Defendant側(日本語がよくわからないですが、容疑者側)

容疑者本人


これらの証言を聞いていくのですが、容疑者が保釈されている場合、

裁判所の部屋の前や食堂でばったり被害者と容疑者が出会っちゃう、ということもありえます。

最悪、殺害容疑の容疑者の家族と、被害者側の遺族が出会うこともあります。

ただのひったくりでも、被害者によっては大変なトラウマになることもあり、ガクガク震えだす人も少なくありません。

Witness Serviceでは、事前に警察側と協力して、主に被害者側の証人を別室に誘導して、お茶やビスケットを振るまい、事件以外の話をする相手になります。また事務的手続きや裁判について


詳しいレポートが日本語で

https://docs.google.com/viewer?url=http%3A%2F%2Fwww8.cao.go.jp%2Fhanzai%2Freport%2Fh19-4%2F2-11.pdf


英語の本部のページ

http://www.victimsupportni.co.uk/what-we-do/witness-service

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。