海外で年下のサーファーに恋したアラサー女子。3話

1 / 3 ページ

前編: 海外で年下サーファーに恋したアラサー女子 2話
後編: 海外で年下サーファーに恋したアラサー女子 4話


2年が限界。私のキャリアにも海外勤務経験が2年もあったら十分じゃないかって。

また理由を付けて伸ばした。

理由は、最後の契約延長の6ヶ月間は彼との最後がちゃんと欲しかったから。


終わりが見えてるのとは逆に、私達の関係は深く深くなっていた。

離れたくない気持ちもあるけど、また戻ってきたいなら来れる場所。

このまま、帰国した方がお互いにいいと思った。

でも本心はそう言い聞かせてただけだと思う。

その6ヶ月はあっという間にまた過ぎて行った。

そういえば、私を嫌ってた叔父さんは私達の関係気づいてる?って聞いた。

黒い子は前に、その事について話たって。彼が長期的に実家と私の家を行き来してるから、さすがに両親は彼女をいるとは認識している様。もちろん叔父さんにもそれは伝わっている。

黒い子は叔父さんには、もう僕は子供でもないし恋愛ぐらい好きにさせてって。



付き合ったばかりの頃、初めてビーチで携帯で撮った2人のセルフィー。

悪くなかった。後で画像加工のアプリでヴィンテージ風にしたりした。

コラージュで他の画像と重ね合わせた。他の画像はただの英文のグラフィック。

そこには、Hopeless Love......    望みがない 愛




って書いてあるグラフィック画像。私は黒い子との恋愛関係は初めてからわかってた。


丁度、その年はリアーナのwe found love って曲がMTVでよく流れてた。

昔、イギリスにいた事を懐かしくさせるようなアイルランドかどこかが舞台のミュージックビデオはイギリスの映画トレインスポッティングの様なテイストが好きだった。

それだけじゃなくて、楽しさから破滅していくカップルのストーリーがなんか、ヒトゴトに感じなかった。


私達のたまにする喧嘩は、どんどん酷くなっていった。

ある時は、窓から黒い子の荷物を投げ捨てたり。居留守を使ってたら窓の外から名前をずっと叫ばれたり。私は涙ボロいから直ぐに涙流しながら、彼に文句ばかり言ってた。

彼は泣いてる私が、まるで彼に罵声している様な扱いで怒鳴り返して私をどうにかしようとしてた。いつもは優しい彼だったからそんな彼を見るのが本当に辛かった。

でも、彼がsorryを先にいつも言ってくれた。ある時は、ジムに勝手に来たり。

家の前で待ちぼうけしてくれたり。

その繰り返しの生活だった。

彼とのお別れまで、あと少し。

彼の英語は本当に関心するぐらい上達した。

ビギナーにより少し上だった、彼のサーフィンスキルは私と出会った時とは比べ物にならないぐらい、上達していた。私にはローカルの誰より上手に感じた。若さだけにスピードが凄かった。

でも、彼に言うといつも素直には認めなかった。

そんな事ないって。



日に日に、帰国のシミュレーションを頭でするようになった。

日本での今後の予定。ため息がでるばかりだった。

みんなの読んで良かった!