海外で年下サーファーに恋したアラサー女子 4話

1 / 6 ページ

前編: 海外で年下のサーファーに恋したアラサー女子。3話
後編: 海外で年下サーファーに恋したアラサー女子 5話


時が過ぎる度に、彼はぃつも嬉しい事を言ってくれてた。


彼の子犬と一緒に過ごした時は、まるで自分達の未来の子供みたいだね。


鏡の前で子犬を抱きしめながら私と彼が鏡の前でそんな事も言ってくれた。


また他の日は、僕の給料を管理してって。これには驚いたけど、それぐらい信頼されてると思うと嬉しかった。もちろん、断った。


月日はあっという間に2年経った。


2月14日。週末にも関わらず大好きな焼肉屋にディナーしに出かけた。


到着して直ぐに、彼はイライラモード。激混みなのが苦手で嫌いなんだ。年上の女性と場慣れしてない場所。彼はとにかくいつも人目を気にしてた。私以上に。


予約もしといたけど、そんなのお構いないような感じなのがローカルレストラン。


喧嘩もしたくないから、彼を聞いてお店を出た。どこに行くも決まってないけど、川沿いのBBQのお店に入った。


なんとか、一緒に記念に写真を撮るまで気分は落ち着いた。

なんとなく、楽しんだ。


収入格差がある私達は私の好意で計画したディナーなどはもちろんいつも全部私モチだった。


この国の物価は嬉しい事に、彼と使う金額は全く気にならない程度だった。けど、金額じゃなくて私の好意を当たり前だとは思って欲しくなかった。そんな事は私は男した事ないから。


私の中で彼のフテクした態度は許せなかった。私が予約までして楽しみにしといたのにって。


家に帰っても納得しなかった。バレンタインの記念日なのに彼が何も気にしないもが悲しかったし、腹だたしかった。


イライラしてた私は、もう寝るって。


彼は、なんなの? こんなバレンタインデーがあるかって!猛烈に反撃してきた。


よくある馬鹿げてる男女の小さな問題なのはわかってるけど、私は彼の罵声が本当に耐えられない。

女に向かって、威嚇して大声出すなんて。男は感情をコントロールするのが下手だ。だからきっとおお声を出すんだろう。私はひたすら論理的に問題を解決したかったし、彼に理解して欲しくて泣きながらブツブツ言ってた。彼にはそれがまた、イラついてる感じにも思えた。


こんな喧嘩は実は2週間ごとにあった。時には毎週。私は彼の態度が本当にどうしようも無いように感じた。


だからどうしたら安定した関係を続けれるかって考える様になった。会うのも週2回で十分だし、彼の夢と私の夢は別。って思おうとするようなきっかけの言い合いがよくあった。


私はどんどん、彼の態度が許せなくなってブチキレタ。


みんなの読んで良かった!