第3話 決断の時

次話: 第4話 運命の人に出会う

第3話 決断の時

稼ぎたい一心で来たのは良かったものの、結局お金が底をつき、生活もできない状況に。



そんな中、

久しぶりに休みをもらい、2日間だけ横浜に帰ってきました。


いつも面倒を見てくれていた先輩が、不動産会社を起業。

新しい事務所に移転したので遊びに行っている時でした。

この仕事続けること、悩んでいるんですよ



と、先輩に話したところ、こんな切り返しをされました。


先輩
すぐ戻ってきな。そこにいてどうするの?一刻も早く!
でも、友人と来てるし・・・。

僕だけ帰るわけには。
先輩
じゃあ、これを見て!


見せられたのは、あるサイト。





成功哲学者のナポレオンヒルでした。


正直、その時はこの人がどんな人かも知りませんでした。




先輩
この人ね、重大な決断を迫られたんだよ。(うんぬんかんぬん・・・)

で、それを決めるのに29秒しかかからなかった。
へ〜?すごいですね。

でもなんでこんなの見せるんですか?
先輩
決断はいますぐ!やめて地元に戻ってきな。
う〜ん・・・。わかりました(心の中では悩み中)

友人にもそう伝えます。
先輩
待ってるよ。


横浜から戻ってきて、またいつもの生活に戻りました。


毎日16〜18時間働いて

夜中の2〜3時に帰ってくる。


そんな生活をまた続けなければならないのでした。


しかし、環境というのは怖いもので

慣れてしまうと、それが当たり前になってしまうんですね。


その当時はいつも

何かに怯えてた気がします。

がむしゃらに働けば、いつかきっと報われるんだって。


だから、現状の環境を打破するとか

新しいことを始める勇気はなく

ただ、働き続けることをしてました。


しかし、横浜の先輩に言われた会話を時々思い出します。

先輩
決断はいますぐ!やめて地元に戻ってきな。
う〜ん・・・。わかりました(心の中では悩み中)

友人にもそう伝えます。
先輩
待ってるよ。


結局、僕はそう言われて29秒で決断できず、1ヶ月くらいかかりましたけどね笑




でも、決断するのにはものすごく苦悩がありました。


いろんなしがらみもありました。


けど、自分の人生。



やりたいことやりたいと思ったんです。


続きのストーリーはこちら!

第4話 運命の人に出会う

著者の青木 宏樹さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。