第6話 コンサルタントとして活動

前編: 第5話 勉強の日々

コンサルタントとして活動


動画も撮ったが、この後どうしたらよいかわからない・・・。

それに、自分でできる範囲は限られている!

もっともっと勉強したい!!という気持ちが高まったところでした。


と、いうことで、直接指導してもらえるように先生に頼みました。

ぜひ、コンサルを受けさせてください!!
先生
わかりました!
どんどん稼いでいきましょう!!

おそらく、先生の無料の情報だけでも稼ぐことはできますが

自分にとって、それでは「どうしたらよいか?」の時に判断できないと思いました。

それに、近くで学びたかったというのが一番の気持ちでした。


今では先生の教えを守り、自分なりに教育していけるように、日々奮闘中です。


それと、パートナーとは・・・

俺、今の仕事辞めて独立するわ。
内容は言えないけど・・・
お金と時間の自由を手に入れる!
パートナー
うん!頑張ってね☆


僕のパートナーは能天気というか、天然というか・・・。

本当は反対されると思ったのですが、即OKをもらいました。

(この後ちゃんと仕事内容は話しました)



そしてその後、会社に辞表を出しました。

友人とは話し合った結果

友人
先に稼いで、レールを敷いておいて!

ということで話が終わりました。

あっけないですが、固い絆があるからが故にです。



その後は、

福岡とも別れを告げ、現在は横浜で活動をしております。

僕にとって、福岡は「希望とどん底を見せてくれた」場所です。


あの飲食店時代の経験が無かったら・・・

もっと良い条件で働いていたら・・・

僕は未だに会社員を続けていたでしょう。


自分の為、パートナーの為、家族、友人の為、僕は稼がなければなりません。

現状と、未来の目標に「差」が大きい方が、今の現状から抜け出したいと思う気持ちが強いのです。


僕は「差」があり過ぎました笑

だから、こうやって大きな行動をしようと試みたのです。


こんな僕も今では、ビジネスコンサルタントとして活動をしています。




自由な環境。

自由な時に起きて

自由な時間に仕事して

自分の好きな時に旅行に行けて


パソコン一台で仕事をし


事務所も構えず独立出来て


いろんなビジネス仲間と会える


最高の環境を手に入れるレールを歩んでいます。


会社員時代には

朝が来ると「仕事だ・・・。」と身体が重かったのに


今では

朝が来ると自然と目が覚めすっきり。

ストレスがないと、こんなに気持ちが良い朝が迎えられるんですね。


周りにも

明るくなった

やる気に満ち溢れている


と言われることが多いです。


現状の環境から、一歩外に出てみませんか?

一歩出たら

2歩

3歩と

軽快にステップできるものですよ。


誰だって、最初は不安。

だから、僕のような人間が手を差し伸べて

一緒に成長できたらと本気で思っています。


あ!そうそう!

稼ぐことが偉いことではありません。

お金はあくまでも夢をつかむ為への手段。



稼いだからって、偉そうにしてたらいけません。

まずは、自分の周りを稼がせて、成功させて

それが自分に後々返ってくる。


自分の周りが

成功者でいっぱいになったら

僕は幸せです。




では、続きはいつか。


長い物語を読んでいただきありがとうございます。



みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。