今日の晩飯もスライムか: 魔法使い養成塾の立ち上げ方 その2

前話: 今日の晩飯もスライムか: 魔法使い養成塾の立ち上げ方 その1
次話: 今日の晩飯もスライムか: 魔法使い養成塾の立ち上げ方 その3 ~ コンサルタント

(その1の続き・・・)


目を軽く閉じ、呪文を大きな声で唱えた。



本当は頭の中で唱える程度でいいのだが、ビジネスというものはアピールも重要だ。


そして目をカッと見開きアニマルゾンビを見据えた。

本当はあまり目に力を入れないほうがいいのだが、これも当然アピールの1つだ。

その方が魔法っぽい。


『メラ!!』


そう叫ぶと同時に、人差し指を敵に向ける。

指先から真っ赤に燃え盛った火の玉がまっすぐに飛んだ。



アニマルゾンビは避ける間もなく一瞬で火だるまになった。


『ギャー!』


モンスターといえども苦しむ姿は見てられない。

普段は目を背けるのだが演出も重要だ。
命に感謝するように、哀れみの眼差しを火だるまに向けた。


『いやぁ!凄いっす!』


ダーマが興奮気味に話しかけてきた。


『あれがメラですか?』


『まぁそうですね。』


『いやぁ凄い!簡単に出せるんですか?』


『まぁ簡単ですよ。ちょっと練習すれば。』


『だいたいどのくらいで出来るようになるんですか?』


『人によりますけどね。普通はだいたい3週間あれば。』


『3週間!意外とすぐなんですね。魔法使い養成塾、やりましょうよ!』


『ええ、宜しくお願いします。』


我々はガッチリと握手をした。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・・・思えばあれがピークだった。


いやオレが悪いのだ。

相手が「自分は経営の経験がある」と言っただけでそれを信じてしまったのだから。


ダーマの仕事っぷりは酷いものだった。

とにかくすべてが雑で本当に経験があるのか信じられなかった。

たとえば看板。

それなりに雰囲気が出ていないと怪しいと思われてしまうため、しっかりとした看板職人に依頼しようといいだした。

確かにその通りだ。しかし金がない。


『知り合いの看板屋に依頼しますので、安くなりますよ』
と言っておきながら、気が付くと近くにある普通の看板屋に依頼していた。

知り合いの話はどうなったのかとは聞けずそのままだったのだが、似たようなことが頻発していた。


『知り合いに言えば安い』

結局その知り合いとやらに依頼することはなかった。


知り合いなど本当にいるのか?

疑いが強くなったが、オープンの日は近い。

とにかく目の前にある作業を1つ1つ片付けなければ・・・。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


オープン当日。

前の日はなかなか寝付けなかった。


金が底をつき、野宿が続いていたことはもちろんだが、新しいことにチャレンジしているという高揚感が理由だった。


時間になった。


『チラシはどのあたりに撒いたんですか?』


何気ない質問を、外を見ながらゆっくりとコーヒーを飲んでいるダーマに投げかけた。


『いや、チラシは撒いてないっす。金がないから。』


『え?じゃあ告知はどうやったんですか?』


『3日くらい前から、外に看板を建てたんですよ。見なかったですか?』


『いや、それは知ってます。

8月8日オープンと書かれたやつですよね?・・・告知ってアレだけですか?』


『まぁそうですね。金がないし・・・。』


頭に血が登ってくるのが体感できた。首から上だけが熱い。


『いや、ここって人が全然通らない場所ですよね?


そのオープンを知らせる看板なんて誰も見ていないでしょう?』


『まぁでもオレの知り合いが、声をかけてくれるっていってたんで。』


『知り合いって誰ですか?』

『昔からの仲間で、いま宿屋をやってるんですよ。』


『じゃあその宿屋さんにチラシを置いてもらってるんですよね?』


『チラシはないですって。金がないんだから。』


話にならない。とにかく会話を打ち切りドアが開くのを待った。

オープン初日だ。もしかしたら話題が話題を呼び、生徒が押しかけるかもしれない。


しかしそれは淡い期待に終わった。

ゼロ。


それがオープン初日の来客数だった。


続きのストーリーはこちら!

今日の晩飯もスライムか: 魔法使い養成塾の立ち上げ方 その3 ~ コンサルタント

著者の石田 宏実さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。