今日の晩飯もスライムか: 魔法使い養成塾の立ち上げ方 その6

1 / 2 ページ

前編: 今日の晩飯もスライムか: 魔法使い養成塾の立ち上げ方 その5
後編: 大怪我~今日の晩飯もスライムか: 魔法使い養成塾の立ち上げ方 その7

チラシ印刷コストとして50ゴールドがどうしても必要だった。


50ゴールド程度なら、かき集めればなんとかなる。しかしそれを使ってしまったら資金がほぼ空になる。

他にもお金は使うだろうし、ここで全額使ってしまうわけにはいかない。


『せっかくのチャンスなのに・・・金がなくチラシが配れないなんて・・・』


いわゆる資金繰りだ。





『なんかありましたか?』


ダーマが、左手にコーヒーカップを持ち、右手にインスタントコーヒーの粉が入った瓶を持ちながら呑気に声をかけてきた。


『チラシ印刷のコスト50ゴールドが必要なんですよ。』


『一応、資金としてギリギリ50ゴールドはありますけどね。』


『そうなんですか?一応あるんですね。よかった。それ使っちゃっていいですか?』


『ダメですね。今日10ゴールド使うんで・・・』


『何に使うんですか?』


『飲みに行くんです。』


『へ!?飲みに!?それよりもチラシの方が大事ですよね?』


『何いってんすか?人脈の方が大事でしょ?』


『人脈って・・・いったい何に役立ってるんですか?その飲み会は?』


『人脈はあとから効いてくるんですよ』


『結局あなたの「知り合いに」は、一度も役に立ったことないじゃないですか!?』


『焦っちゃダメなんです。人脈はゆっくりと・・・』


『もういいです!印刷しちゃいますので。』


みんなの読んで良かった!