太陽が生まれたハーフマイルビーチ その7

前話: 太陽が生まれたハーフマイルビーチ その6

今年も昨年好評だった「スプラッシュウオーターパーク」がやって来る、らしい。

逗子海岸の岸から200mほど沖合に緑と黄色の妙な形の物がある日出現。

「何だろう?」と思っていたら市のこうほうしで海上遊具を設置するので寄付を募集とのお知らせ。

運営会社があってそこに来てもらうのに結構お金が掛かるらしい。夏の短い間で儲けなければならな季節商売だから高く付くのだろう。

何でも伊豆半島の何処かでやった所集客効果が大だったと言う事で、言い方は悪いがそのパクリ。

60以上もの遊具があり子供だけでなく大人も楽しめるとか。

遠目で見ていると高い所に登って行き海に飛び込んでいる。

周りが海だから飛び込んでも安全なんですね。

料金は昨年で大人1,500円、子供1,000円。これで一時間遊べる。一時間での入れ替え制。

その他に岸からの渡し舟の料金も掛かるので入場する人がいるのかな?と疑いの目で見ていたが、結構人が張り付いている。

逗子がリゾート地と思っている人達には高い値段ではないのだろう。


そこで今年も逗子海岸にこのスプラッシュウオーターパークがやって来る事になったらしい。

値段等の細かいことは昨年の情報から更新されていないので未だ分からない。

9時から16時まで一時間毎の開始時間が決まっているので、その15分前には受付に集合。

受付は昨年は一番葉山側の海岸にありました。

お金がを払ってライフジャケットと手首に付けるバンドを配られていた。

荷物は海の家か車に置いてくる必要があるそうですので要注意ですね。

アトラクションの後は海の家で手ぶらBBQでお腹を満たすのが定番になるのでしょうか。


著者のTachibana Toshiyukiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。