400万円の借金先延ばしの失敗から学んだ、先延ばし克服法。不快なものから手をつけることで、収入アップ、返済が計画以上に、そして幸運体質に。

1 / 8 ページ

僕は今ガラクタ整理師として先延ばしせずガラクタを整理する方法をアドバイスしています。



これらは先延ばし克服をして整理をがんばっているある方の実践の様子。

今年の5月まで、10年間整理を先延ばしにしてきて、全く整理が出来なかった彼女も、この5月からスタートしすでに873個のガラクタを整理されました。

「10年先延ばししていたガラクタ整理がとても楽しくて朝早く目が覚める。こんな気持ちは40才を過ぎて生まれて初めて。整理が終わったらどんな日々が待っているのだろうとワクワクする。」

そんな風に今の感動をおっしゃっています。


10年間出来なかったことができて、その数もなんと873個。当初は1日5個を目標にとおっしゃっていた生徒さんは当初目標の5倍の整理を実践されています!


このように僕は今先延ばしせずガラクタ整理することを指導しているのですが、

なぜできているかというと、実は僕自身が先延ばしの失敗を経験したから、なんです。


今日はそのお話をしたいと思います。


ずばり、借金です。


2016年3月の時点で約400万円。今は順調に返済をしていますが、この3月までただそれを先延ばししていました。

先延ばししている時は気づきませんでした。自分が先延ばしをしているなんて。

400万円もあるのに、先延ばしだと気付かなかったの???

って思われるかもしれませんが、本当に先延ばしだとは思わなかったんです。


今は返せないから、将来余裕ができたら返す。

そうとしか思えなかったのです。

この思考パターンは今思えば先延ばしの典型の考え方なのですが、当時は全く気づきませんでした!




でも3月のある日に届いた奨学金の返済に関する書類がきっかけで僕は先延ばしに気付くのでした。

僕は大学と大学院で奨学金を借りていて、その返済がまだ終わっていません。

しかし、アメリカでの婚約者との別れでお金も失ったり、自営業で収入がそれほど多くなかったため、返済猶予を申請していました。ここ数年、ほとんど何も考えず、「将来収入が増えたら返そう」と思って、猶予をただ申請していただけでした。


しかし、年度末に今年度の返済に関する書類が来ました。


来た時点で嫌でした。


「また奨学金の返済か。今はまだ収入も少ないし、無理だし。嫌だなあ。」



嫌な気持ちはありましたが、何とか封を開け中身を確認。そして、またいつも通り返済猶予を申請しようと書類に記入し始めた時、ある文字に目が留まりました。

みんなの読んで良かった!