【ミーハーの一念、岩をも通す】「QUEENに会いたい!」子どもの頃の夢を実現させたわたしの物語 第三章

1 / 18 ページ

前編: 【ミーハーの一念、岩をも通す】「QUEENに会いたい!」子どもの頃の夢を実現させたわたしの物語 第二章

1995年春、名古屋へ戻ってきたわたしは、

1年間は英語とは関係のないパートをやっていましたが、


その後、マンションを購入し定住するところができたので、

ふたたび、英語の仕事を始めました。


今度は自宅で教室を開くのではなく、派遣講師として、

幼稚園や既存教室へ英語を教えに行く仕事を選びました。



そして、1998年夏。

わたしは、その後の運命を切り開いてくれた

魔法の「神器」を手に入れました。


それは、パソコン。


Rogerがインターネット配信でライヴをやるというのです!


インターネットでしか見れないライヴ。

パソコンがないと見れないライヴ。


当時は、やっとインターネットというものが一般家庭に普及しだした頃で、

でも、まだパソコンがないお家が少なくないという時代でした。


当然、わたしもパソコンの知識はゼロでしたが、

このライヴが見たい一心でパソコンを手に入れたのでした。


当時は「ダイヤルアップ回線」だったので、

ライヴ配信は、ほとんど「バッファ中」で

結局、全然まともに見れなかったというオチがあるのですが、


わたしはインターネットを大いに活用して、

オフィシャルファンクラブの会長Jackyとメル友になりました。


まだインターネット人口が少ない上、

英語で日本のQUEEN情報をメールする人が他に殆どいなかったようなので、

Jackyはわたしのメールをとても喜んでくれました。


こうして、オフィシャルファンクラブとわたしの信頼関係が作られていきました。



そして、1998年11月。

Brian May Bandが2回目の来日を果たします。

みんなの読んで良かった!