【ミーハーの一念、岩をも通す】「QUEENに会いたい!」子どもの頃の夢を実現させたわたしの物語 第二章

1 / 19 ページ

前編: 【ミーハーの一念、岩をも通す】「QUEENに会いたい!」子どもの頃の夢を実現させたわたしの物語。第一章
後編: 【ミーハーの一念、岩をも通す】「QUEENに会いたい!」子どもの頃の夢を実現させたわたしの物語 第三章

QUEENとの第一次接近遭遇から3年後の

1988年11月、わたしは娘を出産し、

元夫の転勤で神戸へ移り住みました。


わたしは知らない土地での初めての育児に翻弄され、

QUEENや英語に構っている余裕がなくなりました。


でも、いつQUEENが来日するやもしれんと、

新聞の興業欄の情報だけはチェックして、


「いつかまた、QUEENが来日したら、この子(娘)とコンサートに行きたい」


それがわたしの「夢」になっていました。


 


娘の育児中のわたしの唯一の楽しみは、

娘の世話の合間に洋画のビデオを見ることでした。


レンタルショップから借りてきたもの。

実家のWOWOWで録画してもらったもの。

それらを見まくっていました。

 


ある日、ふと、


「これ、字幕を見ないようにしたら英語の勉強になるんじゃないかな?」


そう思いついて、

字幕を見ないでセリフを聞き取るように心がけ

映画を観るようにしてました。



そんな日々を過ごしていた1991年3月。

MTVで久々にQUEENのPVを見ました。


QUEENは私の知らないあいだに

MiracleとInnuendoの2枚のアルバムをリリースしていた。


I'm Going Slightly Mad


このPVを見たわたしは、なにか不吉なものを感じました。

みんなの読んで良かった!