私が産まれ育った家族の話1

次話: 私が産まれ育った家族の話2

私の産まれた家庭

父と母と兄3人、そして私。

私は4人きょうだいの末っ娘に生まれた。

父は外で不倫をして内で暴力を振るう

世にいう最低な父親だった。

父の職場は、感謝されることが多いものだったが、

それゆえか責任は重く、ストレスも多くかかる仕事だったのだろう。

仕事から帰ってきては、

もう辞めたい、お前らがいるから辞められない、

転勤したい。と愚痴をこぼしていたと聞く。

そんな仕事のストレスを晴らすのは、

職場での不倫、

妻への暴力、子どもへの暴力だった。

母はちょっと間が抜けていて、

とんちんかんなところがある。

そんな天然さが余計に父の癇に障ったのだろう。

顔に大アザを作ることもあった。

子どもも男の子3人、うるさくないわけがない。

やんちゃ盛りの男の子3人、

父は暴力で子どもを黙らせていた。

そんなところに私が誕生したわけである。

つづく。

続きのストーリーはこちら!

私が産まれ育った家族の話2

著者の菜美らぼ リリーさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。