心友 【其の一・曇天の霹靂】

1 / 3 ページ

後編: 心友 【其の二・見えない縁】

どこまでも厚い雲が広がる冬の空。あの日も曇天と呼ぶのがいかにもふさわしい。そんな見慣れた冬の朝だった。


朝食のパンをむさぼり食っていた時だっただろうか。携帯電話に着信が入った。しかし着信音を聞いていると、先に家を出た妻からではないことだけはわかった。


妻は朝から普通にお仕事だが、自分の仕事は職業柄午後からの出勤。よって朝方に妻と顔を合わせることはほとんどない。それで一瞬だけ妻からの緊急連絡だと思い込んだのだ。


携帯を取り上げる。


「トクシマ」


液晶にはそう表示されていた。何年も会っていなかった小学校時代からの親友。こんな朝方に何の用だろうか…


少し考えたところで通話ボタンを押す。

自分
もしもし!久しぶり!どうしたの、こんな朝から?
トクシマ
久しぶり!実はさ…

トクシマからは信じられない言葉が発せられた。


自分
え?冗談だろ?



やや動揺しながらもそう返すことしかできない。

しかしトクシマが電話口でも涙ぐんでいるらしいことは伝わってきた。



自分
「それ、ホント…なんだな…」



その後互いの間でどんな会話がなされたのか、今となってはあまり思い出せない。トクシマもきっと記憶が定かではないはずだ。


明確に覚えているのは二人にとって共通の親友だったクロイワとその母親がともに亡くなったという事実だけ。


トクシマ
今後のことなど詳しいことはまた後でわかったら連絡する。



そう言ってトクシマが電話を切った後、止めどなく涙が流れた。どれだけの時間が経ったのかわからないぐらいに。


不謹慎な話だが、肉親が亡くなってもここまで涙にむせぶことなんてあり得ないだろう。ペットならともかく。


涙も枯れ果て全身の力が抜けていた。あまりに「個人的な理由」というのは理解していたが、とてもじゃないけれどこの状態で仕事をすることはできない。


仕事どころか会社に向かう足取りすら危ういかもしれない。それぐらいショックを受けていた。


申し訳ないとは思いつつ会社に休む旨の電話を入れた。電話に出てくれた同僚は細かいことを何も聞かずに、


みんなの読んで良かった!