ダメダメな私が6度の挫折の後、憧れだった国内王大手エアラインと仕事をするまで(私の半生)

1 / 8 ページ

前編: ダメダメな私が6度の挫折の後、憧れだった国内大手エアラインと仕事をするまで(私の半生)その2 自転車での日本縦断旅

「来週からうちで働いて欲しい」

都内でイベントスタッフとしてバイトしていた私のもとに一本の電話が入った。


それは先週面接を受けに行った印刷会社からの就職内定の電話だった。



その2年前。

私は地方のとある印刷会社で働いていた。

新卒で営業として働くこととなった会社だ。

コンビニやスーパーなどで売られている“日配品”と呼ばれる

短くて数時間の賞味期限しかもたない食品のパッケージ。

フィルムにその食品をイメージする印刷を施し、購買を促す。

数ある味のイメージを消費者に的確に伝えると共に、

乾燥や酸化・腐食から守る役割も担っている。


印刷業との出会い  ~私の半生~

特段印刷の知識があったわけでもない学生だった私。

しいて挙げるとすれば年末の年中行事、年賀状を作る作業。

当時は今ほどPCは一般的ではなく、年賀状を作るとすれば

芋や消ゴムで版を作って押印する程度。

機械を使ったとしてもプリントごっこと呼ばれる簡易なスクリーン印刷だった。

中学の時になると

当時気になっていた女の子に“凄い!!”と思ってもらえたらと

その下心から年賀状コンクールで受賞を目指し、

井原西鶴、菱川師宣、喜多川歌麿などの浮世絵を模して

木版を彫刻し版を作り、こだわり抜いた色で印刷。

最終的には手透きの和紙も作るようになっていた。

毎年、大賞を受賞していたが、気になっていた女の子には見向きもされなかった。

それでもすっかりその気になっていて中学卒業時には

伝統工芸士になりたいと思うようになった。

週末になると鎌倉に通い、鎌倉彫りに一生懸命になった。

作ったものは手鏡やお盆、最終的には欄間まで作ろうとしていた。


私がSTORYS.JPで目指すこと。

それは苦労話で同情してもらいたいわけでもなく、

成功体験を誇示したいわけでもない。

読者を意識して簡単・お手軽便利に為になることを示すわけでもない。

多くの方がそうであるように一筋縄では行かない人生の機微、

その時々に何を感じ、思い、考え、行動したのか詳らかにすることによって

ダメダメな私個人のダメダメな経験でなんの役にも立たないかもしれないが

なにかを感じる一人の人でもいれば幸いだ。

*何よりもまたしても人生の分岐点に立つ自分が

みんなの読んで良かった!