世界放浪、ヨガスタジオ経営後、インドで5年学んだことを教えたらチャリティーしながら世界で自由に遊ぶ、愛と楽しさいっぱいの幸せな生活を手に入れた夫婦の話

1 / 3 ページ

後編: 第2話:ジャッキーチェンに出会った日の話

第1話:オーストラリアからの出発


「おまえ、これだけは他の人より知ってるとか、得意なこととか、大好きなことととか、何にもないの?」


バイト先のお兄さんが、夜空に浮かぶ星について、しばらくウンチクを語った後、そう言った。




「ほんとに、何にもないんだよな〜、私。得意なことも、好きなことも。将来何をしたいのかも」



1996年。大学2年生の時、私は、世界放浪の旅に出た。



海外をいろいろ見て回れば、自分のやりたいことがきっと見つかるんじゃないか、と期待してのことだった。


予算はバイトで貯めた100万円。学費も払いながら、カツカツの貧乏生活をして貯めた貴重なお金だった。



予定は1年。大学に休学届けを出した。



実家に帰り、両親に旅のことを伝えた。


「いくら貯めたの?」と、父は聞いた。


「いくらだと思う?」


「60万円くらい?」


「100万円」


「よう、頑張ったな!」


外国に行くことは、絶対反対だった父が、この努力を認めて、許してくれた。




まずは、オーストラリアで半年間、車にキャンプ用具を詰め込んで一周するつもりだった。

ダーウィンに到着。旅の始まりだ。

とはいえ、実は、車の免許さえ持っていなかった。

旅をしている大学の先輩たちから、海外で取ると安いと聞いていた。

だから、オーストラリアで免許を取ってから、安い車を買って、スタートしよう!と思っていた。

みんなの読んで良かった!