【第2話】離れて暮らしていた父の介護のこと、死んだときのこと、そしてお金のこと。

前話: 【第1話】離れて暮らしていた父の介護のこと、死んだときのこと、そしてお金のこと。
次話: 【第3話】離れて暮らしていた父の介護のこと、死んだときのこと、そしてお金のこと。

“一緒に暮らす”という選択

第1話で「何事もなかった」と書いたが、実際には少し違う。

搬送してくれた救急士さんからこんなことを言われた。

救急士さん
搬送するためにお父さんのお部屋に入りましたが、今の状態だと一人暮らしは危険だと思います。


季節は冬。

山と積まれた荷物(父は片付けられない、捨てられない人だった)の、ほんの僅かなスペースに、万年床。そしてその布団のすぐ脇に、電気ストーブがついていたそうだ。まさかエアコンを使わずに電気ストーブを使っていたとは。

これじゃあ、いつ火事を起こしてもおかしくない。


それに父の暮らすアパートには風呂がない。トイレも和式だ。

いくら食事を用意しても、洋式トイレや風呂までは用意できない。

階段の登り降りすら難しくなっている今の状態では、ここでは生活できないことは明白だった。


母と同居の姉、ひとり暮らしの自分

姉はいわゆるシングルマザーで、母と同居をしている。

かたや私は子供もいない独身。

父がひとり暮らしをできなくなった今、どう考えても自分が同居する以外の選択肢はない。

ただ、その時私が住んでいたのは6畳ワンルーム(風呂トイレつき)。

そこに父を引き取ることは不可能だ。


引っ越しをしなくちゃいけないな…でも父と同居したとして、それで解決するのか?

私が仕事をしている間、父は結局一人になる。

繁忙期には22時、23時の帰宅になることもしょっちゅうだ。その間、父の食事はどうする?もし何かあったら??

…でも、このままひとり暮らしをさせるのも無理だ…


「でも、でも…」ばかりが頭をめぐって、何の解決策も出ない。

何はともあれ、心配しているであろう姉に報告をしなければ、と電話をかけた。


つづく




続きのストーリーはこちら!

【第3話】離れて暮らしていた父の介護のこと、死んだときのこと、そしてお金のこと。

著者のヨシザワ ハルさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。