自分らしくを大切にする人生 その13 ~カミングアウトの決裂から10年以上、ある朝母がLGBTを兄に語り始める~

1 / 7 ページ

前編: 自分らしくを大切にする人生 その12 ~勇気を持って生まれ育った岡山県津山市でLGBTs入門講座を開くことを決断。~

僕が生まれたのはこの岡山県北のある小さな町。勝北町。今は津山市。18歳まで育ち、その後大学で札幌へ。実家を離れてから20年経ち、僕はこの地元でLGBTの講座を8月11日に開催しました。


田舎は緑が広がり、山もあり、水もきれい。とっても生活はしやすいところですが、

その一方で伝統的な日本の価値観が続く地域でもあり、

大人になれば男と女が結婚し、子どもを産み、親に孫の顔を見せる、

ということが当然の社会。

実家に帰省するたびに、「結婚しないの?」「いい人はいないの?」と、親戚やまわりから聞かれるのが当然の社会です。


そんな田舎でゲイということを公にしてLGBTの講座をすることは本当に勇気の要ることでした。


親戚からなんて言われるだろう。

家族の耳に入ったら、家族はきっと反対するだろう。


フェイスブックやブログを通じて、地元の同級生たちには僕がゲイであることはすでにカミングアウトはしていましたので、同級生たちはとても応援してくれていて、このチラシのとおり、たくさんの同級生が賛同してくれました。

また小学校5年生の時の担任の先生も「がんばりなさい!」ととても応援してくれていました。


両親には20代のなかばにカミングアウトはしていたのですが、
残念ながら全く理解してもらえず、

父親は怒ってしまい、僕を裏切り者だとしかり、

母親は泣き崩れてしまい、自分の人生をうらんでいました。


一組しかいない両親にちゃんと僕のことを知ってもらって、

その上でいい関係を作りたいと思ったのですが、そんな期待は木っ端微塵。

僕の勝手な期待だったんだな、と思いました。


あの出来事があってから、両親とゲイであることについて一度も触れないまま、

ある意味タブーのようになってしまい、10年以上の月日が流れていました。

戦後生まれの、酪農家の両親に、いきなりゲイをわかってくれというのがそもそも無理なのかもしれない。

両親が別に悪いわけじゃなく、時代や社会、周りの人たちとの関係で、LGBTに対するイメージや反応は違うもの、戦後すぐ生まれの二人にはしょうがないことだ。

そんな風にずっと思っていました。


今回、地元津山市でLGBTの講座をするにあたり、一番気にしたのは両親のこと。

小さな田舎です。こうした講座をやるとなれば必ず両親の耳に入る。

「恥ずかしい、周りの人や親戚に会わせる顔がない、辞めてくれ」

最悪そんな風に言われるかもしれない。

そんな心配がずっと続きました。


でもその一方で、

田舎だから悩んでいる人が絶対いるはず。

結婚して当たり前、という社会で、自分がLGBTであるということなんて絶対に知られたくないと思って隠したり、「ふり」をして生きている人はいるはず。

田舎だからこそ、やらなくちゃ。

そういう思いがありました。

みんなの読んで良かった!