自分らしくを大切にする人生 その12 ~勇気を持って生まれ育った岡山県津山市でLGBTs入門講座を開くことを決断。~

1 / 4 ページ

前編: 自分らしくを大切にする人生 その11 ~いとこのカミングアウト。自分らしくを生きる人が身近にいるうれしさ。~
後編: 自分らしくを大切にする人生 その13 ~カミングアウトの決裂から10年以上、ある朝母がLGBTを兄に語り始める~

生まれ育った岡山県津山市でLGBTs入門講座を開催しようと決断した僕。


今年8月11日に開催することを決めました。



先日、そのイベントについて津山市と津山市教育委員会から文書が届きまして、後援をいただきました!

そして昨日津山市社会福祉協議会からご連絡があり、こちらの後援もいただけることになりました!

市、教育委員会、社会福祉協議会と、3つの団体から後援をいただけるというのは本当にうれしいことです。


小さい頃育った津山市(旧勝北町)。本当に悩んだり、誰にも相談できなくてしんどいことがありましたが、

LGBT性的マイノリティのことを行政が理解し、意義ある事業だと認めてくれるということで、その苦労が癒されるような、そんな気持ちにもなっています。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

行政の後援をいただけたので、これでもっとより多くの人に知っていただくことにもなるでしょうし、

一般の方にもより大切な事業として見ていただけると思います。


また、地元の当事者の人に対する応援メッセージにもなれば、と願っています。

行政が後援をしてくれている、

公の機関が大切なことだと認識している、

ということは一人で悩んだり、自分がおかしいんじゃないかって自己否定してしまう人にとって、

ちょっとでも応援になると信じています。

「大丈夫!」

そんなメッセージになればと思っています。



この講座を企画するにあたり、最初は本当に悩み、ある意味「不快」な企画でした。

地元でやるということは、家族や親戚の耳にも入ることになります。

両親にはカミングアウトを10年くらい前にしましたが、両親にとっては受け入れることが難しい内容で、決裂した形になってしまいました。

今でも両親との仲はとてもいいのですが、その話題については触れられていません。

蒸し返すと怒るかな、気まずくなるかな、と思って、僕としてもなかなか触れることができません。

親戚の方からは実家に帰ると、「結婚はしないのか?」といつも聞かれますし、そんな親戚の人にこの講座のことが耳に入れば、実家に問い合わせの電話が入ることになるかもしれないし、

両親の友人が見て、両親に「あなたの息子がこういうことしているぞ」って言われて、それで両親も嫌な気持ちになるかもしれない。


そんなことを考えていると、とてもじゃないけどやれない、

やるのが嫌だな。

そんな気持ちになりました。


でも、

そんな気持ちと同時に、落ち着いて考えれば、特に田舎ではとても大切なテーマであるのも事実でした。

僕と両親との関係のように、親に理解されないで悩んでいる人もきっといます。

そもそも家族に絶対知られたくないと、装っている人もいるかもしれません。


「結婚して、子どもを作るのが当たり前」

みんなの読んで良かった!