自分らしくを大切にする人生 その11 ~いとこのカミングアウト。自分らしくを生きる人が身近にいるうれしさ。~

1 / 3 ページ

前編: 自分らしくを大切にする人生 その10 ~アメリカで婚約までした彼を失った経験から強くなれた僕。「自分らしく」ありのまま伝えようと、仕事で公にゲイであるとカミングアウトしました。~
後編: 自分らしくを大切にする人生 その12 ~勇気を持って生まれ育った岡山県津山市でLGBTs入門講座を開くことを決断。~

今年の東京レインボープライドというLGBTのイベントでの一枚。一緒にいるのはいとこのごろうちゃん。


2年位前だったと思います。彼からメールがありました。

相談があると。


それは彼が自分のことをどう受け入れたらいいのか悩んでいるメールでした。

付き合っている女性がいて、仲はいいし楽しいんだけど、手をつないだり、キスをしたりとかができない。身体が受け付けない感じがする。

男性に興味はあるが、でもどうしたらいいのかわからない。

そんな内容でした。


ごろうちゃんは父親側のいとこ。彼が生まれた頃から知っていて、実家の岡山でも、ごろうちゃんの住んでいた埼玉でも、東京でも一緒によく遊んでいました。

そんなごろうちゃんから突然届いた連絡。


僕はごろうちゃんと彼のおねえちゃんに一緒に10年以上前に、僕がゲイであることをカミングアウトしていましたので、彼は僕がゲイであることを知っていました。

そしてこの5年くらいは、たしか一緒に遊んだ時も、そろそろ結婚を考えているということも言っていたので、ごろうちゃんは異性愛者なんだなって思っていました。


それがある日のこの連絡がきて、

それでとりあえず電話で話をしました。


どんな風にしたいの?

いつころから違和感があったの?

どんな気持ちなの?


といったことを聞くと、ごろうちゃんは素直にいろいろ話してくれました。

でもその電話ですぐに彼も自分がゲイかどうかも決められるわけではないし、

僕も別に焦って決める必要もないし、自然に自分の気持ちがしっくりくることをすればいいんじゃないのかな、といったことを伝えました。


その後数ヶ月して、

「やっぱり僕はゲイなんだと思う」

と言っていたごろうちゃん。


ずいぶん前から同性に興味はあったそうなのですが、

「同性愛は悪いこと。結婚しなくちゃ。」

って気持ちがあって、自分の素直な気持ちを受け入れられなかったそうです。

それで、何とか異性に興味をもつように努力もしたそう。


でも駄目だった。


やっぱり自分が自然に思うようにやってみたい、

とごろうちゃんは心を決めたのでした。


それからもっとごろうちゃんとは仲良くなって、

みんなの読んで良かった!