第1章 留学したい。(当時15歳) ■■★■■ 定員割れ高校で偏差値45以下の私が、17歳の高校1年留学で人生が変わり、10年後にニューヨークでバリバリキャリアウーマンで働いている話。

1 / 2 ページ

前編: 第0章 はじめに ■■★■■ 定員割れ高校で偏差値45以下の私が、17歳の高校1年留学で人生が変わり、10年後にニューヨークでバリバリキャリアウーマンで働いている話。

留学したい。(当時15歳)

早いころから芽生えた気持ち

周りではめずらしく、わたしは5歳から英語を習っていた関係で、

留学は遠い存在じゃぁありませんでした。

子供のころから、海外からホームステイにくる他国の子供たちとよく触れ合ったりして、

12歳では、カナダへホームステイにも行きました。しかもかなり軽い気持ちで!

好きだった英語教室の男の子が行くっていうから(出発日から行先すら違うことになるのをあまり理解しないで)私も行く!ってなりました。ちなみに彼はアメリカに行くことになりました。

(その後、このホームステイ先が、高校生になった私を受け入れてくれることになります。)


ホームステイから帰国と高校留学の夢

私が12歳のホームステイから帰国した夏休みの最後、

ホームステイ報告会では、同じ時期に「高校1年留学」から帰国した、

英語の先生の娘さんも、一緒に留学から帰国した報告をされていました。

とてもキレイな英語で、すごくカッコよかったのを覚えています。

この時から、高校生になったら、行きたければ、海外留学できるのかと思うようになりました。

(実家が、ある程度、裕福だったことに、とても感謝しています。)


中学2年生の修学旅行では、「将来、外国人と結婚する可能性あり」とおみくじに書いてあり、

テンションが上がりました。←単純。笑


留学できないなら自殺したい

15歳のときに、もう17歳になったら、高校留学しようと決めていました。

なぜ早く行きたくなかったかというと、高校生活が楽しすぎたせいです。

高校の友達もそうですが、英語教室を通してであった友達と夏休み、冬休み、週末、、、

いつも何かしていました。私の友達の幅はもう高校を飛び越えて、東京から九州まで繋がりあって、すごいことになっていました。

キャンプのリーダーをしたり、本当にいろいろやりましたが、

時期にこれらの経験がすべて役に立つので、本当によかったと思っています。


高校留学は、お母さんは2秒でOKを出したけど、お父さんは最後まで反対でした。

(ちなみに私が渡米したかったのは、ニューヨークのテロがあった翌年でした。)

最終的に、行かせてくれなければ「自殺」したいと言ったか、思ったのを、

今でも覚えています。

それぐらい行きたかったけど、お父さんはそれぐらい行かせたくなかったんですね。

それでOKが出たのが、12歳に時にいった田舎のホームステイ先です。

酪農家で、のどかな北海道よりも田舎の人口600人程度の町でした。

(というか、私からしたら村でしたが。)

そこなら行ってもいいといわれて、英語の先生にお願いして、

ホームステイしたときと、同じ家庭を希望する手続きを始めました。


高校留学の申請とテスト

留学するためのテストが第三次試験まであったのを覚えています。

筆記、面接、それから英語小説丸暗記朗読、、、みたいな感じです。

このときは私は、「ハメルンの笛吹」の話を英語で覚えました。

これは、この英語教室が出版しているバージョンですが、

みんなの読んで良かった!