第0章 はじめに ■■★■■ 定員割れ高校で偏差値45以下の私が、17歳の高校1年留学で人生が変わり、10年後にニューヨークでバリバリキャリアウーマンで働いている話。

1 / 3 ページ

後編: 第1章 留学したい。(当時15歳) ■■★■■ 定員割れ高校で偏差値45以下の私が、17歳の高校1年留学で人生が変わり、10年後にニューヨークでバリバリキャリアウーマンで働いている話。

はじめに。


現在

私は、某日系会社でProduction Planning Managerとしてアメリカ人の上司の下、ニューヨークで働いています。簡単に言うと「生産管理マネージャー」というポジションです。

私はこの会社に入り翌年、3年間連続で、「年間優秀社員賞」(年間数人)を取って、

4年目で、「社長賞」(年間に1人とれるか、もしくは誰も取れない。)をとってしまいました。

気づいたら、「良くできる社員の代表」として、素晴らしい賞を何度も頂いてしまった訳です。


学生時代

ただ、こんな私ですが、学生時代に頭が良かったわけではありません。

自分の中学の成績を見て、私は全体で中間以下かと落ち込んでのをよく覚えています。

高校は志望校に落ちて、昨年定員割れした公立高校に入ります。

周りのレベルが低いのか、中間の成績にはなったものの、

授業中に漫画を読む、テストはすべて徹夜越し、万引きをする、クラブに行く、タバコを吸う。

・・・今、思えばヒドイものです。警察に捕まった友達も、何人かいました。

公務員の両親二人の間に生まれた娘とは、思えないほどの行動でした。


進路を決めるに当たって

ですが、さすがの私も心のどこかでヤバい。っと思い始めていました。

それから、勉強はできないバカでしたが、自分は自分なりに良く考えている子供でした。

たとえば、こんなアホが、名の知れない私立大学へ行って授業料150万とか払うのは、

金の無駄使いだ。とくに日本の大学は、みんな勉強しないで遊んでいるのが気に食わなかったです。

そもそも、やりたいことが無いのに、なんで高校卒業したら大学に行くのか?

その頃、アメリカではみんな「行きたくなったら大学へ行く」人が多いという話を聞いていたので、

自分もそうあるべきだと思い始めました。そもそも、日本に生まれたからって、なんで日本人がするように(高校卒業と同時に大学へ進学するなど)行動を共にしなくちゃいけないのか、理解ができなかったんです。

しかも、私の高校は大学進学はクラス40人中3~5人ぐらいといアホさ加減です。

もちろんですが、みんな名門・難関大学へ行くわけでもありません。


留学という選択肢

ひとまず日本で行きたい大学がないけど、高校を卒業して、途方にも暮れたくなかったので、

17歳、高校3年生の夏から、日本の高校を休学して、カナダの高校へ行くことに決めました。

これも、私が頭が悪すぎて、当時(2002年)アメリカ高校留学には応募できませんでした。

この時のアメリカ1年高校留学は100万、カナダが170万ぐらいだった気がします。

これを決めたのは、すでに15歳の時でした。

高校1年生ぐらいで応募することを決めて、3次試験まであるテストを受けます。

筆記試験、面接、英文小説暗記朗読などです。

(今思えば、非常に準備期間の長いよくできたプログラムでした。)

その後、ニューヨークで留学カウンセラーの仕事に就くことになりますが(2009年)

自分は留学をするためにとても長い期間準備をしたけど、

最近の留学生は、かわいそうなぐらい心の準備ができていないんだなぁとよく思いました。

15年間続けた英語教育

ちなみに私は不良ではありません!

5歳からずっと英語を習っていて、まじめに二十歳ぐらいまで続けました。

みんなの読んで良かった!