夫は死去。奥さんは頚椎損傷の上、29歳の若さで車椅子生活を余儀なくされた。そんな彼女のとった行動とは。

1 / 5 ページ

ある日突然、

自分には全く、なんの落ち度がないにも関わらず、

自身の身体の自由を奪われたら。


あなたは一体どうしたいでしょうか。


今日は、ちょっとショッキングな話をします。

あるご当家、の話。

もう2年くらい程前の事です。

ネットビジネスというお金を稼ぐ手段を知った当初の話。


今でもですが僕はセレモニーホールの従業員をやっていて、

夜中に「亡くなりました」という連絡を受けたら、すぐさま駆けつける、

夜勤要員のようなこともやっています。


その時にあった電話は、息子が交通事故で亡くなった。という電話でした。


さっそくお迎えにいくと、親族の人が誰も居ない。


病院関係者に話を聞いたら、

「実は隣に乗っていたのは奥さんで、

奥さんも意識不明の重体。仮に回復しても、満足に歩くことは困難になるだろう」ということでした。


なるほど、了解しました。

と僕は言い、故人様のみを連れて式場の方へ搬送しました。


まだ30歳。僕の一個上の年齢で、去年籍を入れたばかりでした。

それから間もなく故人様の両親が到着。取り付く島がなく、泣いていました。


それから、10分もしないウチに、若めのシュッとした男性が到着。

事故をした相手側の、保険代行人と告げていました。事故を起こした相手は、顔を見せませんでした。

(この後、警察で取り調べを受けてると聞きました)


両親は、淡々とモノを言う代行人をキッと睨んでいました。

無論、その人は仕事上そういう場面に慣れているのか気にも留めてませんでしたが。

セレモニーホールの人間のサインが要るということで、サインをして代行人は去りました。


僕も「詳しい打ち合わせは明日、また来ますのでそこで致します。」

とだけ言って引き上げました。


葬儀自体は、トントンと進み、友人や知人。会社関係の人達、

全員を呼んで、お別れの儀式は2日間のウチに無事に終わらせることが出来ました。

みんなの読んで良かった!