自分らしくを大切にする人生 その14 ~好き、楽しい、愛を基盤に。正義感、義務感、不安解消のためではなく。ガラクタ整理も、人生全体も。~

1 / 5 ページ

浅草サンバカーニバル、楽しい仲間5人で踊って、本当に楽しい時間でした。

1週間前の出来事ですが、なんだかもう遠い昔のような気持ちにも。



本当に楽しいメンバーで、笑い、冗談、喜び、

そんなことばかりがあふれてきました。


もちろん真剣に努力をしているメンバーでもあるんですが、

根底にあるのはその好き、楽しい、愛の気持ち。


昨日はある方からメールをいただきました。

僕の講座を以前受けてくださっていたのですが、

「ガラクタ整理で不安を解消する。ではなく自分にとって気分が上がるもの好きなものを残しているので自然と楽しく心地の良い空間になってきました。

 日々の生活をまじめに丁寧に生きてることは素敵なことだと自信が持てるようになりました。

 運が開いたとか宝くじがとか華々しいことのご報告ではありませんが、今、楽しく充実した毎日を過ごしていること。それに気づくことができたこと感謝申し上げます。 」


以前は不安、切迫感、罪悪感でモノの整理をされていて、

それでは全然うまくいかなかったそうです。

整理しても、整理をやめたら悪いことが起こるんじゃないか、そんな気持ちになってしまったそうです。

それが、今は好きなものを大切に、心地よい楽しい空間で、充実した毎日が過ごせている。


整理するという表面的な行動は同じでも、

その背後にある動機や気持ちが全然違うんですね。

不安からやるのか、

喜びからやるのか。


これはガラクタ整理だけに当てはまることではありません。

8月11日に故郷の岡山県津山市でLGBTs入門講座をしました。

その時の感想でとてもうれしい感想があったのですが、

僕の講座を聞いて意外だったのが、「わかってほしい」という気持ちが全然感じられなかった、

という感想だったんです。


これ、すごくうれしかったです。

確かに、僕が講座をする時に、

「僕は人生つらかったの、それをわかって」

とか、

「世の中はこんなに僕に冷たかったの、ひどい社会だ!」

みたいなことは全然思いません。

本当に。

そんな発想が全くないんです。


もちろん、今の社会は違いがある人を排除しようとしたり、下に見ようとしたりするから、

みんなの読んで良かった!