フェイスターン⑤

1 / 2 ページ

前編: フェイスターン ④
  見られた。鬼の角。見られた。
  わたしはうわごとのように呟きながらトイレに駆け込む。
  どうしよう。ばれた。わたしが鬼だってばれてしまった。阿部に。一番好きな人に。もうおしまいだ。この恋も、友情も、学校生活も、全部おしまいだ。だってわたしは鬼なんだ。人間じゃない。人間じゃないものは排除されるんだ。どうしたらいいの。わからない。どうしていいのかわたしにはわからない。ワカラナイ。消えてしまいたい。
  鏡に映った自分の角を見る。泣きたくなるけどなんでか涙は出ない。わたしは帽子を被りなおしてふらふらとトイレを出る。
  阿部が待っていた。
  わたしがまた逃げ出そうとすると、阿部はわたしの腕を強く掴んだ。
「離して」わたしは彼の腕を振りほどこうとする。
「どこ行くんだよ。まだメインの試合が残ってるだろ」
「そんなのどうでもいいわよ。あなた見たんでしょ?」
「見た? 見たって何を」
「角よ。角に決まってるじゃない。角が生えてるんだよ、わたし。鬼なんだよ?」
「何だよそれ。鬼塚、何言ってんだよ」
「だから。わたしは鬼の娘なの。あんたの大好きなサタン鬼塚がわたしの父親で」
「サタン鬼塚? あれはマスクだろ」
「違うの。あのマスクから出てきてる角はあの人の頭から生えてるし、マスク取ってもだいたいあんな顔なのよ」
「そうなの? あれ、本物なの?」
「そうよ。あの人は鬼だし、わたしは鬼の娘なの。だから早く手を離してよ」
「だからってなんでどっか行くんだよ。お父さんの試合見ないと」
「あんた何言ってんの? わたし鬼なんだよ? 意味わかってる?」
「わかるよ。でも鬼塚が鬼だったら何がいけないんだよ」
「え? だってわたしみたいなのと一緒にいたら阿部だって変な目で見られるんだよ」
「そんなことないよ。ていうかそんなことどうでもいいよ。周りからどう見られるとか気にしてたら、人を好きになんてなれないだろ?」
「阿部……。あの、今なんて?」
「あ、やべ。まあいいや。この際だからはっきり言うけど、俺は鬼塚のことが好きだ」
 いきなりの告白にわたしはただ茫然としている。阿部は構わず言葉を続ける。
「頭に角が生えていようが、牙が生えていようが、鬼だろうが悪魔だろうが人間だろうが、そんなの関係ない。俺は鬼塚のことが好きなんだ。一年のときからずっと」
「阿部……。本当にいいの? 鬼の娘でも」
「しつこいな。だいたい俺はサタン鬼塚のファンなんだよ。その娘と一緒にプロレス観れるなんて、こんな光栄なことはないよ」
 わたしはたまらない気持ちになって、阿部の胸に飛び込んだ。受け入れてくれた。こんな角が生えてるわたしを。受け入れてくれる人がいたんだ。
「さあ、戻ろう」と阿部が言った。「お父さん今頃がんばってるよ。鬼塚がちゃんと応援してあげないと」
「うん」わたしは胸の中で頷く。
 阿部がわたしのからだを引き離して「それに」と言った。
「それに?」
「さっきから会場がざわざわして変な空気なんだ。もう気になって気になって」
「もう! プロレスバカ」と言って振り上げたわたしの手を、今度は優しくつかんで、阿部は優しく導くように試合会場に走り出した。
 席に戻ると、阿部の言うとおり、場内は異様な空気に包まれていた。
  相手チームに一方的に攻撃されるサタン。何度もパートナーの高野にタッチを求めるけど、高野はそれに応じない。相手チームは戸惑いながらも攻撃を続ける。何度もフォールを返すサタン。何回か高野はカットに入るけど、そのついでにサタンにまで攻撃を加えてコーナーに戻る。そんな状況が延々と続いていた。
  するとどこからともなく、「サーターン」というコールがわき始める。一人、また一人とコールに参加しだして、最後には会場が一体となってサタンコールをしていた。
  もちろん、阿部も人一倍大きな声でサタンコールをしていたけど、わたしはどうしても声を出すことができなかった。
  相手チームが試合を決めに来た。二人がかりでブレーンバスターを放ち、続けてサンドイッチラリアット。サタンはもう青息吐息という状況だ。そして、とどめとばかりに相手チームの一人がスリーパーホールドにとらえた。
「ねえ、何なの? なんで高野は助けに入らないの?」とわたしは阿部に尋ねる。
「わからない。高野は気まぐれだからね。鬼塚を困らせて楽しんでるのかも」
「何それ。そんなのリーグ戦の決勝でやることじゃないじゃない」

みんなの読んで良かった!