とりあえず パニック障害になるまで (2)

前話: とりあえず パニック障害になるまで 1

 台湾と国内出張の連続

 初めての台湾出張から3年間 訪台を繰り返し 年間120日位行ってました

 結婚から3年 妻が妊娠しました。 双子でした

 出産時、医者に付いていくも自宅に帰され自宅待機

  ここで、人生の失敗を行ってしまいます

  素直に自宅待機していればいいものを パチンコに行ってしまった

  当時は携帯電話もなくポケベルの時代でしたが、我は持っていませんでした

  出産後、子供は2300gの未熟児で その一人が呼吸困難で医者から病院に転院 それも二人とも

  自宅に戻ったのはそのころ、電話で病院に呼び出された

  先に生まれた子供が呼吸困難が治らず 「こども病院」に転院する羽目に

 救急車で50km離れた場所になる

 病院に着くなり検査 → 手術 病名 総肺静脈還流異常症 要は心臓の奇形です

 「治る可能性は20%ですが 手術しないと死にます どうしますか」医者に聞かれる

 お願いするしかなく 何枚かの書類にサインをする

 病院で一晩過ごした

 手術が終わったのが 朝方だった

 「手術は成功ですが、後はこの子の生命力です」 ICUで初めて会ったわが子には

 注射器が何本も刺さっていて痛々しかった

 何があるかわからないから すぐ連絡がつくようにポケベルを購入するようにとのこと

  双子のわが子は 別々の病院に入院(一人は手術、もう一人は未熟児)、妻は産婦人科

 一人でアパートに戻り 酒を飲む 昼ごろだった  疲れた 昼間から寝てしまった

 外では 花火大会が行われていて その打ち上げ花火の音で起きた

 打ち上げ花火の音が妙に心に響いた晩だった


 

 

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。