memento mori【天国からのメッセージ】Ⅲ(終)

1 / 2 ページ

前編: memento mori 【天国からのメッセージ】Ⅱ

Ⅱの続きです。

教室の黒板がわに担任(30半ばの女性)と隣に宿舎の担任

(20歳の姉ちゃん)

差し向かうように私とえりが並んだ




わたし
(小声で)
ちょっと・・・あんた なんかしたの?
携帯持って行ったのバレた??
えり
・・・・・・



数秒後 沈黙の中、担任から(意を決したように) 



担任
実は、えりさん 先週 リストカットをしていたそうですが、知ってましたか?
わたし
えっ!!

私は、頭の中が真っ白になった。横に居る えりを見たら

今まで見たこと無いくらい 号泣していた。

私も、泣きそうになったが、必死でこらえた。


そこから先 何を話し、どうやって家に帰ったのか記憶が飛んだ。

ただ 覚えているには、私は、えりに「死にたかったの?」と

聞いたのと、異常なくらい担任が明るく振舞って居たに

かかわらず飾ってある生け花の台に体が、当たり花器の水を

こぼして慌てていた。


えりは、その日は 宿舎に戻したが、様子が気掛かりになり翌日

迎えに行った。


一体 何が あったのか?

しばらく、休ませ 通院したり のんびりさせながら、少しずつ

話をきいて見た。


友達関係、彼氏、進路、いろいろ悩んでいたようだ。


出来る限り 話しを聞いて あげた。


とにかく 泣きたいだけ、泣かせた。


えりは、自分に自信が、持て無いと、泣いた。



みんなの読んで良かった!