スペインに留学すると言ってとある離島に1年間住んだ話 クリスマスと正月

前編: スペインに留学すると言ってとある離島に一年間住んだ話 ハロウィン〜12月
後編: スペインに留学すると言ってとある離島に1年間住んだ話 東方の三賢者

Feliz Navidad♪

留学してから3ヶ月目。
スペイン語での会話もだんだん慣れてきて必要なことは理解できるし、コミュニケーションにはそれなりに困ることは少なくなって来ました。
そういえばこの時期に、昔この家に留学してきていた南アフリカ人のスタンフォードが帰ってきました。
南アフリカ人と聞くと大体の人は黒人?の方を思い浮かべるかもしれません。
でもスタンフォードは白人でした。系列的にはイギリス人移民みたいです。
これは余裕があればどこかに割り込めます。

そんなこんなで人が多くなってくるこの家の中に突然こんなものが出現しました。
そう!モミの木!…じゃなくて松の木でした

幹を触ったらベタベタして、あの二胡の弦に塗っていた素材ととても似ていたので松だと確信しています。はい。葉っぱも触ったら痛かったし。
どこからともなく松の木を持ってきてデコレーションしているのです!

大きさ的には僕が166cmなので2m近くはあるでしょうか。


毎年この頃になると飾られるみたいです。

それからスペインといえば…
ですよね!
上がjamón serrano、下がチーズですよ! どんなにアフリカが近くてもこういうところはきちんとスペイン文化が来ています!
それ以外にも…

これは番外編の中で語られていないのですが、一度Tenerifeに行った時に向こうでうちのチームの試合を見て来ました。
その時にくじがあるよと言われ、とりあえず買ってみたら見事にあたってしまったサラミの詰め合わせです!

でも、脂っこすぎて他の人の胃の中に吸収されて行きましたけどね。

ただ、こんなにも準備していたクリスマス。
当日は残念なことに当日に限って突然体調を崩しました…
なのでベットの中にくるまっていた記憶しかありません…

大騒ぎな正月

どんな風邪でも数日経てばなんとやら。
正月のパーティーには参加することが出来ました。
やはりみなさん正月は正月みたいで親戚一同で祝います。

ここの地域で面白いのは共用の野外バーベキュースペースを持っているということです。
みんなこうやって親戚一同で集ってお祝いごとを行います。

というかこれが親戚一同なのかどうかも怪しいです(笑)
どのような血縁関係なのか未だにわかっていない部分もあるのです(汗)
聞けば聞くほどよくわからない世界が広がっていきます(汗)

でもみんなそんなことお構いなしにこのスペースにいろいろな物を持ち込んできます。
先ほど出したjamón serranoだったり、ジュースだったり、お菓子だったり、炭を持ってきて魚や肉を焼いたり。
一番大掛かりだったのがガスボンベとものすごい大きな火を着ける土台と巨大なフライパンを用意してパエリアを作りだしたこともあります。

こんなかんじに。

あ、話がそれちゃった。
そんなこんなで皆さん集まって年を越すのを待ちます。
0時に近くなるとみんなで山頂まで登って、隣の大都市の方を見るのです。
そして0時になるとそちらの都市のほうがイルミネーションの様に光りだすのを高みの見物で見るのが毎年恒例のようです。
まぁこちらも山頂から爆竹飛ばしたりもするのですが。

正月気分♪

そんなこんなで、数日が経過。
でもその間でもいろいろとパーティー三昧だったので隣の大きな町へ買い出しに行きました。

その時に歴史を見るためのジオラマがあったので一枚パシリ!

あ、ごめんなさい。カガー人形でした。
バルセロナの方で有名な人形らしいです。
でもいったい何でこれが有名なのだろうか。
(これを見た人はウンが付くとかいうダジャレでもあるまいし)

そんなこんなで正月は過ぎて普段の生活に…



と思うじゃないですか?



実はスペインではまだ重要なイベントが残っているのです!


ヒント(?)
実はまだ子どもたちはクリスマスプレゼントを貰っていません。

続きのストーリーはこちら!

スペインに留学すると言ってとある離島に1年間住んだ話 東方の三賢者

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。