視覚障害&発達障害?!25社以上、転職しまくりダメ人生だったが、ひとり整体院という天職を見つけて6年目!(1)

次話: 視覚障害&発達障害?25社以上、転職しまくりダメ人生だったが、ひとり整体院という天職を見つけて6年目!(2)

(1)年350日オープンしています!


 こんにちは。竹本淳一と申します。現在、池袋1丁目 平和通り商店街の10坪のお店で

ひとり整体院の院長として 元気にやっております。

お陰様で開業から6年目です。朝8時30分から夜10時まで受け付けており、それ以外の時間帯でも臨機応変に対応しております。1か月に3~4回は、夜の11時過ぎにスタート!な~んてこともあります。

さらに1か月に1回ぐらいしか休まず、年間350日オープンしております。

そして、院の内外には あと29年はお店を続けます!と大きく表示。2016年(平成28年)時点で私は43歳ですので、と・り・あ・え・ず 控えめに、73歳まではやるぞ!と本気で覚悟を決めてます。

現在は借金0。毎月5の日に、地元の巣鴨信用金庫の方に集金に来てもらい、5万円~25万円と少額ですが、コツコツと定期積立貯金ができております。


時々、患者様・お客様から

「あんたさ~、あんまり無茶したらアカンよ!」

とか

「センセイ!大丈夫ですか~?」

とか言われますが、大丈夫なのです。


なぜなら、今のお仕事は、25回以上転職をしまくって、やっとのことでたどり着いた、


良い思い出もあったけど、地獄もあった!


天職だから!


◆今の仕事は、無慈悲「お前クビ!明日から来なくていいよ~!」と薄笑いを浮かべつつ、冷酷に宣言を下す上司もいません!

◆今の仕事は、「てめえ!普通にやれよ!普通にしゃべれよ!普通にしろよ!」と罵声を上げつつ、灰皿や履いていたハイヒール・革靴で、頭や背中をメチャクチャに殴打する上司もいません!

◆今の仕事は、「竹本く~ん。キミは、な~~んにもしなくていいんだよ。始業時間から終業時間まで

ずっとその席で、な~~~んにもしなくていいからさぁ」と仕事を与えず放置する上司もいません。


25回以上転職している理由ですが、大半が、クビ・解雇です。

自分では、遅刻せず休まず、挨拶をして、体臭や口の臭いも気を付け、身だしなみも気を付け

セクハラも、それに勘違いされることもせず
お酒の上での失敗も無く、
借金の督促の電話が会社に来ることも無く
ギャンブルも行わず

真面目に取り組んでいた(つもり)だったのですが


よくあるパターンとして、ある日上司に呼び出され


竹本よ、お前が一生懸命やっているのは、良く分かる。誰よりも早く来て、掃除をして準備をして

結構遅くまで頑張ってる。挨拶も良いし、電話がなっても真っ先に取ってくれる。で、率直に言うと


会社を辞めてくれ。オマエ、特に 優秀な女子社員達から アイツなんとかしてくださいとクレームが

すごくてな。別にセクハラとかストーカーとか、愛の告白とか、そういったんじゃないんだが 

お前がいると 雰囲気が悪くなる! なんとなくキモい! 場が乱れる!との声が多いんだ。

どこを直せばいいですか?と聞かれてもなあ・・・うーん、口では 何か伝えられないんだよな。とにかく会社を辞めてくれ。

という事が多かったですね。


この苦しみ 10数回以上味わっているだけに

今の仕事は、長時間働いていても 全然苦にならないのです。


次回、(2)ひょっとして俺は発達障害だったかも?


といったテーマで書いていこうと思います!

続きのストーリーはこちら!

視覚障害&発達障害?25社以上、転職しまくりダメ人生だったが、ひとり整体院という天職を見つけて6年目!(2)

著者の竹本 淳一さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。