僕と起業と両親の離婚

1 / 3 ページ

前編: 世界最大手会計事務所を3年で退職後独立し 年間2億円以上稼ぐようになった話。

はじめに

自慢の両親

突然の別れ

男手一つで育ててくれた父

養子問題

どうおさめるか

仲間をくれたビジネス

僕と起業と両親の離婚 僕は今30歳です。


立命館大学在学中に公認会計士試験に合格し、卒業後は有限責任監査法人トーマツへ就職。

詳しくは、 ”偏差値35だった僕が名門大学に入学し 在学中に公認会計士試験に合格した話。全6話” をごらんください。

2013年3月に3年間勤めたトーマツを退職して起業し、 現在は株式会社Social Riverの代表取締役です。 独立して4期目を迎えています。

事務所なし従業員なしでほぼ固定費がかからない中、 粗利ベースで今期は年間2億円以上を見込んでいます。

こちらも詳しくは、 ”世界最大手会計事務所を3年で退職後独立し 年間2億円以上稼ぐようになった話。” をごらんください。

今は1日平均60万円の利益が僕の口座に入ってきます。 働いているのは1日3時間くらい。 時給に換算すると約20万円くらいです。

お金と時間の両方を自由に使える生活を手に入れ、 今僕は悠々自適な生活を送っていますが、 これまでの人生も決して順風満帆ではありませんでした。

その一つに両親が離婚するという出来事があります。

僕が中学2年の時に両親が離婚しました。

大好きだった母親が突然、赤の他人になりました。

今でもあの日のことを思い出すと、どうしようもなくやり場のない感情が蘇ります。 心にぽっかりでっかい空洞ができてしまった出来事です。

いくら自由に時間を使って、お金を使って今まで我慢していたことを、 何も我慢せずに好き放題遊び散らかしても、 あの時の悲しみ、母がいなくなったという痛みが消えることはありませんでした。

自慢の両親

僕の家族は父と母と兄の四人家族。

父は写真館の個人事業主でした。


地元の人たちの七五三などの記念写真や、学校行事の写真を撮るプロのカメラマンです。 実直な人柄が地元の人たちに好かれていました。

母は、僕が言うのも変ですが、めっちゃ美人でした。 若い頃はミスコンで選ばれたんだと聞かされました。 そして父と母はとても仲が良かった。

子供の僕からして見れば、自慢の両親だったんです。

うちはお金持ちでもなければ、ひどく貧しくもなく、毎日がそれなりに楽しい、 アニメのサザエさんのような日常を送っていました。

突然の別れ

「アキノリ、話したいことがあんねん、明日、学校の帰りにこっちよってや」 何日かぶりに電話で呼ばれ、母の実家へ行きました。

当時、父と母は離婚の相談をしていたんだそうです。 でも僕や兄さんは 「お母さんは病気にかかって、しばらく実家で療養している」 と聞かされて、のんきに信じていました。

自宅から少し離れたところにある母の実家へは頻繁に遊びに行っていて、 その時に会う母はどう考えても元気いっぱいだったのに。 まったくぼんやりした子供でした。

その日母に呼ばれたのも、気楽なもので、今度の冬休みに行く家族旅行の計画でも立てるのか、 それとも小遣いでももらえるのかと思っていました。

それが、衝撃の展開になってしまったのです。

「お母さんたち...離婚すんねん」 「そんでな...アキノリとお兄ちゃん、どっちについていくか決めて欲しいねん...」

突然の告白...。

母が何を言っているのか、まったく理解することはできません。

でも、涙がドボドボ出てきて、大号泣。

一生分の涙を一気に流すくらいに泣きました。

父と母が喧嘩しているところなど一度も見た事はありませんでした。 いつでも楽しかった。


ただ一つ、今から思うと、父の実家は普通でしたが、母の方がとても裕福だった事が深いところ

みんなの読んで良かった!