世界最大手会計事務所を3年で退職後独立し 年間2億円以上稼ぐようになった話。

1 / 3 ページ

前編: 偏差値35だった僕が名門大学に入学し 在学中に公認会計士試験に合格した話。6
後編: 僕と起業と両親の離婚

僕は今30歳です。 立命館大学在学中に公認会計士試験に合格し、卒業後は有限責任監査法人トーマツへ就職。

高校3年生のときの偏差値は、たったの35。 血のにじむような努力をして、大学と公認会計士試験に合格しました。


詳しくは、

偏差値35だった僕が名門大学に入学し

在学中に公認会計士試験に合格した話。全6話

をご覧ください。


2013年3月に3年間勤めたトーマツを退職して起業し、 現在は株式会社Social Riverの代表取締役です。 独立して4期目を迎えています。

トーマツの給与は1年目で600万円くらいでした。 30代で1000万円、40代で2000万円も超えるという 将来性も安定性も抜群な職業なので、そのままいけば一生安泰といっていいポジションです。

トーマツは”世界最大の会計事務所”とWikipediaにも書かれているぐらいの超優良企業です。 世界150カ国に事務所があり、直近の売り上げは年間3兆円オーバー。

そんなトーマツを3年で退職し、僕は独立しました。

事務所なし従業員なしでほぼ固定費がかからない中、 粗利ベースで今期は年間2億円以上を見込んでいます。

今は1日平均60万円の利益が僕の口座に入ってきます。 とはいえ、働いているのは1日3時間くらいなので、時給に換算すると約20万円くらいです。 することといえばLINEの返信だけなので、人から見ればただiphoneをいじっているだけです。 それだけで月数千万円が入ってくる。

お金と時間の両方を自由に使える生活を手に入れ、 今僕は悠々自適な生活を送っています。




人生を変えた一冊の本

トーマツでの日々は、間違いなく充実していました。 ただし、仕事は激務でした。

朝は9時前に出勤、ほぼ毎日残業です。 特に繁忙期は膨大な量の仕事がのしかかり、家に帰っている暇がなくなるくらいですが ちゃんと残業代もつくし、休日手当ももらえました。 給料もいいし、いい生活はできていました。

しかし、しばらく慣れてきて、よくよく考えると会社員には変わりありません。 どこか自分の力ではなく、会社のおかげでというように感じました。

それまでの僕はよくも悪くも常にチャレンジし続けてきた人生でした。 一方で監査法人の、安定して手堅いけど、自分らしさの感じられない毎日。 もちろんそれのどこが悪いのかと言われても困るのですが、 何か違うという気持ちで過ごすようになっていきました。

そんなある日、僕の人生を変える一冊の本と出会ったのでした。

世界中の多くの企業家、投資家たちに影響を与えた、

ロバート・キヨサキの『金持ち父さん、貧乏父さん』(筑摩書房)

優秀な教育を受け真面目に会社勤めをする一般的なエリートの父さんは、 一生働き続けて資産を持つことのできなかった”貧乏父さん”になり、 ハイスクールすら卒業していない父さんは、 ビジネスオーナーとして裕福な”金持ち父さん”になった、 というお話です。

この二人の父さんの違い、それはお金の知識があるか、ないか

さらに、

お金の知識がなければ、たとえいい大学を出て大きな会社に就職しても、 ”ラットレース”の入り口に立つだけになりかねないのだ

”ラットレース” それは籠の中の走り続けるネズミのように誰かのために働かされている状態のことです。

マジかよ!



一生懸命勉強して大学に入学、在学中に公認会計士の試験に合格し、 世界一の会計事務所に入った僕はラット=ネズミだったのです。

とにかくラットレースから脱出してお金持ちになるためには、 起業するか投資家になれってことなんだな

衝撃を受けた僕は、お金や社会、人生のあり方について学ぶようになり、 どんどんいろんな本を読んで勉強するようになっていったのです。

目指せニューリッチ

ティモシー・フェリス『週に4時間だけ働く』(青志社) には、インターネットの普及や金融の自由化によろ世の中にはニューリッチという層が生まれ始 めていて、まさに週4時間だけ働いてあとは好きなことをしている人たちもいる、と。

お金をたくさん稼いでも、使う時間がなければ意味がありません。 自由になれる時間の多さとは、自分で自分の人生をコントロールできていることの表れです。

なるべく短い時間で効率良く大きくお金を稼いで、自由な時間を作り、やりたいことを将来に先 送りせず、今やってしまう。

そうだ、僕が目指した”成功”はこれなんだ、と思いました。

2012年夏。『金持ち父さん、貧乏父さん』にインスパイアされた僕は、早速、自由とお金を

手に入れる方法を手に入れるため、まずは起業の前段階として副業を開始することにしました。

みんなの読んで良かった!