私の宝石物語〜タンザナイトvol.1〜

1 / 4 ページ

後編: 私の宝石物語〜タンザナイトvol.2〜

なぜか昔からに惹かれる。


龍と名のつく神社仏閣はもちろんのこと

龍の装飾や天井画、彫刻や絵には自然と目がいく。


中国でも紫禁城に案内された時、龍の彫刻に目が止まり

ガイドさんから五本爪の龍は皇帝の象徴であることを教えてもらった。


その栄光・恩恵にあやかれるよう、

時の権力者たちは爪を4本にして置物を作らせたという。


帰国後、日本の龍を見ると3本爪が多いことに気づくが

最近の天井画や彫刻等では5本爪の龍をみることもあり、時代の流れを感じる。


そういえば、沖縄の首里城では4本爪の龍が多い中、5本爪の龍がいて珍しいな、と思ったら

よく見るとそれは中国の皇帝からの贈り物だ、と説明書きされてあり納得したっけ。



宝石にエネルギーがある


ということを全く知らなかった頃。


私が最初にそのエネルギーを体感したのが

タンザナイトだった。


この石の持つエネルギーは

まるで昇り龍のような力強さ。

自分の内側から螺旋を描いて頭を突き抜けていく感覚が心地よい。

だから龍神のエネルギーとも言われている。



その効能といえば

1 運気を高める(人生のあらゆる面での運気を高めてくれる)

2 精神を安定させる(心と霊のバランスを整え、精神性を高めてくれる)


とりわけ、

熱処理が施されていないナチュラルタンザナイト(=ファンシーカラータンザナイト*以下FCタンザ)がヒットしたものだから、私は有頂天になった。


なぜなら

FCタンザナイトは運気を高めてくれる石の中でも

劇的な変化をおこすチカラがある、と聞いたからだ。


その運気が上がる石とシンクロする私って・・・すごいんじゃない?って思ったし

みんなの読んで良かった!