ウツで10代のうちに人生を壊され、道路に寝そべり、線路に寝そべり、もう二度と夢を見ないと決意したウツ男が、あることを意識するだけで 「180度変わった」と言われるまで成長したハイジャンプストーリー part2 ~嘘つき自分を演じたバツ~

1 / 7 ページ

前編: ウツで10代のうちに人生を壊され、道路に寝そべり、線路に寝そべり、もう二度と夢を見ないと決意したウツ男が、あることを意識するだけで 「180度変わった」と言われるまで成長したハイジャンプストーリー part1 ~永遠に罪が消えない『あの日』~

高校で僕はどんな少年だったかと言うと


一言で言えばバスケ一筋でした。


I LOVE バスケ♡

でした。


進学校だったにも関わらず

バスケ一筋でした。




もともと勉強が得意ではなく

というか大嫌いで、

ただ家から近いという理由で

そこそこ有名な進学校を進む道を選びました。



しかも、中学で前回語った体験をしてるので

勉強する時間はなかったんですが

なんとか勉強して受かることができました。



本当にこの時は

人生でこれほどまでに勉強することはないと思うほどがんばり、

でも本当に何のための勉強か分からなかったので

苦しかったです。



人生でこの『X×Y』や『いい国作ろう鎌倉幕府』が

いったいなんの役に立つのか分かりませんでした。



本当に苦しかったですが、

この時期は小田和正さんの曲に救われました。




別に行きたくはなかった高校に合格をし

もちろんバスケ部に入部して

1年生でスタメンに選ばれてました。



みんなの読んで良かった!