一人の発達障害児が、健常への道を諦めて天才に至る道を選択する話 1

1 / 2 ページ

後編: 一人の発達障害児が、健常への道を諦めて天才に至る道を選択する話 2

河原に住みながら道ばたの雑草を吸ってみよう。


冬はいい。移動しなくてすむ。

秋は次にいい。山を下りられる。

夏はまあまあ。暑いけど上流から野菜が流れてくる。

春は最悪。ダニが大発生する。


冬に蓄えた塵やホコリや垢、それらを栄養にして大繁殖し、皮膚の弱い部分を喰われてカユさで死ねる。



トラックを改造したキャンピングカーで車上生活を続けて二年。

どの季節が暮らしやすくて、どう対処すれば過ごしやすくなるのか大体把握してきた頃合いだった。


雑草たばこ



岐阜の山間の河原。夏の雪捨て場。

わびしい飯を終え、ココアと乳幼児用ミルクを混ぜたドリンクを自作のロケットストーブ「一本かまど」の残り灰で湧かす。


今までの浮浪生活は楽しく、そしてこれからの生活の見通しも立っているが、なぜこんな道に入ってしまったのかは全くわからなかった。

自分は精一杯やった。

やりたいようにもやった。

精一杯やりたいようにやった結果がこれなのだとしたら、おそらくこれが自分の生きていく道なのだろう。

そう思った。


葛のツルを手折る。棒状にし、チタンのコップの底に残ったココアをつついて溶かす。

乳幼児ミルクの甘みと一緒に飲み干し、誰憚ることなくげっぷをした。


お皿代わりに使った三枚の葛の葉っぱを捨てようとしたその時、ふと過去に読んだ2chを思い出した。


「道端に生えている草を何でも吸ってみるヤシの集うスレ」


そこらへんの雑草には、時として思いもよらない効果を発揮するものがある。

スレ内では、まるでVRゲームに潜むバグを片っ端から試して見つけるような、そんな現実デバッガーたちが寄り集まって雑草を片っ端から吸っていた。

もしかしたら自分の中に潜むバグも、このデバッガーたちがデバッグしてくれるかもしれない。

そんな支離滅裂な、しかし切実な思いを込めて、まだ玄米のひっついている葛の葉っぱを握りしめた。夏の日差し差し込む運転席のダッシュボードで乾燥させる。

カシュカシュにしゃいだその葛葉を、ドキドキしながらコピー用紙に巻いて吸ってみた。


何の変哲もない煙にほんのり、ふりかけカスの焦げる匂いがした。


みんなの読んで良かった!