空だって飛べるよ 〜はじめに〜

次話: 空だって飛べるよ 〜プロローグ〜

~初めに~

私は結婚して2人の保育園児を持つ兼業主婦です。

優しい夫に恵まれ、一部上場企業でシステムエンジニアとして働いています。

このたび都内に一軒家を建てる事が出来ました。

週末には料理教室の先生もしています。


自慢をしているのではありません。

人は願えば何だって出来ると言う事をお伝えしたいのです。


空を飛びたいと強く願った人が飛行機を作りました。

宇宙に行きたいと願った人がスペースシャトルを作ったのです。

遠くに行きたいと願った人が車を作り、離れた人と喋りたいと思った人が電話を作りました。

人は本気で変わろうと望めば、あらゆる状況を乗り越えて変わる事が出来るのです。


かくいう私はと言うと

虐待、カルト宗教、借金にまみれた両親の元で束縛された生活を続けていました。

宗教以外の友達を作る事を禁じられ、結婚する事を禁じられました。

そして大学へ行く事、就職する事を禁じられました。

母からネガティブ志向を植え付けられ、出来ない子と言うレッテルを貼られました。

宗教の教えに背いた意見を言うと、問答無用で親子の縁を切られます。


私には選択の余地はない。

私は何もできない

ずっとそう思って生きてきました。


そうした生い立ちをした私はついに壊れます。

過食、拒食、心療内科へ入院、自殺未遂、精神科へ入院。

うら若き22歳。

彼氏無し、友達無し、高卒、フリーター

人生摘んだね。

そう言われて仕方ない状態でした。


這いつくばって這いつくばって、血反吐吐きそうな思いをして。

人生に希望なんて持てない、光なんて無い。

私なんて死んだ方が良いんだ。その方がみんな幸せだ。

いや私が死んだって何も変わらない。それくらい無意味な存在だ。

ずっとそう思ってました。


これはそんな私の快進撃。

人生逆転の半生です。






続きのストーリーはこちら!

空だって飛べるよ 〜プロローグ〜

著者のNamioka Tomikoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。